パソコンの選び方

【初心者向け】テレワーク用パソコンの選び方を徹底解説します!

ここ最近は場所や時間にとらわれない働き方であるテレワークが急速に広まってきています。今までは会社のPCを使っていたけど、自宅での仕事用にパソコンが必要になった!という方も多いと思います。

というわけで今回は、テレワーク用パソコンの選び方を解説していきたいと思います。

パソコンの形態を決める

パソコンには大きく分けて持ち運んで使えるノートパソコンと据え置き型のデスクトップパソコンの2種類がありますから、テレワークで使うパソコンを選ぶ際にはまずはこの2つのうちどちらを選ぶか決める必要があります。

ノートパソコンは、持ち運んで使えるという点に加え、キーボードやマイク、Webカメラなどの周辺機器が内蔵されているため、面倒な機器の接続等が必要なくそのまま使えるというメリットがあります。

対してデスクトップパソコンは、液晶モニターやマウスなどを自分で用意する必要がありますが、ノートパソコンよりも大きな画面で作業を行うことができます。また、高性能なPCが必要な場合もデスクトップのほうが有利です。

テレワークの場合は持ち運んで使いたいという方が多いと思いますので、基本的にはノートパソコンをおすすめしますが、自宅の同じ場所で固定して使うという場合にはデスクトップの方が快適に使用できることもありますから、自分の環境に応じて選択しましょう。

 

必要な性能を決める

次に、パーツごとの必要な性能を解説していきます。

CPUの選び方

ビジジネス用途の場合、ネットの閲覧やOfficeソフトの使用などが主になる場合が多いと思いますので、特別に高性能CPUが必要ということはありません。ただし、最廉価グレードの「Celeron」「Pentium」については複数ソフトの起動やビデオ通話で動作が重くなる場合があるため非推奨です。

Core i3もしくはRyzen 3以上のCPUであれば問題ありませんので、予算に応じて選択しましょう。

CPUに関する詳しい解説はこちら↓

パソコンのCPUとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのCPUの役割や選び方をわかりやすく解説!インテルの「Core iシリーズ」、AMDの「Ryzen」などメーカーごとの違いも徹底比較します。...

メモリの選び方

こちらもそれほどスペックを求められることはないため、ビジネス用途であれば現行での最低ラインとなっているメモリ4GBのパソコンでも問題なく使えます。

Officeソフトなどを頻繁に利用する方や、ビデオ通話をしながらプレゼンを行うなど複数のアプリケーションを同時に起動する場合は8GB以上を選択しておきましょう。メモリは他のパーツに比べそれほど高額でもないため、個人的には余裕があれば8GBをおすすめします。

ストレージの選び方

ストレージには旧型のHDDと新型のSSDの2種類がありますが、SSDは体感レベルでパソコンの起動やソフトの動作速度が速くなるのでこちらはSSD搭載のパソコンがおすすめ。一般的な用途であれば容量は250GB以上あれば困ることはないと思います。

もし大容量が良いという場合はSSD 250GB+HDD 1TBなどのデュアルストレージもおすすめ。WindowsはSSDに保存されるため起動速度は速く、動画や画像など容量の大きいファイルはHDDに保存するなど使い分けることができます。

ストレージに関する詳しい解説はこちら↓

HDD?SSD?パソコンのストレージの選び方を徹底解説します!初心者の方向けにパソコンのストレージの役割や選び方をわかりやすく解説!HDDとSSDの違いや新規格のNVMeなど製品ごとの特徴もご紹介します。...

Webカメラの選び方

テレワークで利用する頻度が多い用途としてビデオ通話がありますから、これからのビジネスPCにWebカメラは必須です。ノートパソコンの場合はカメラ内蔵のものを選びましょう。

また、カメラの設置されている場所も地味に重要です。画面下部にカメラが付いている製品だと、自分の顔を映す際に下から見上げるような角度になってしまうため使い勝手があまりよくありません。できれば画面上部にカメラが設置されているパソコンを選んでおきましょう。

Officeソフトも忘れずに

意外と見落としがちなのがOfficeソフトの有無です。WordやExcelなどを使いたいという方はOffice搭載モデルを選択しましょう。

パッケージ内容は2種類あり、

・Office Personal:WordExcelOutlook

・Office Home & Business:WordExcelPowerPointOutlook

を利用することができます。

 

パソコンの大きさ・重さを決める

ノートパソコンの場合は次に大きさや重さなどを比較して決めていきましょう。

大きい製品の場合重く携帯性という面では劣りますが、その分画面が大きいため長時間の作業がしやすいというメリットがあります。

逆に軽量化を重視した製品はモバイルPCなどとも呼ばれ、持ち運びの便利さやスペースを取らない取り回しやすさなどが長所となります。

こちらも自分の利用スタイルに応じて、頻繁に持ち運ぶ方は小型軽量のもの(10~13型)、自宅での作業メインの方は大きめのもの(15型前後)を選ぶと良いと思います。

ノートパソコンの大きさに関する詳しい解説はこちら↓

ノートパソコンの大きさは何インチがベスト?用途別に解説ノートパソコンに必要な大きさを用途別・目的別に徹底比較!持ち運びに適したサイズや大きさごとの重量までわかりやすく解説します。...

 

テレワーク用パソコンの価格帯は?

WebカメラやOfficeソフトなど必要な機能はいくつかありますが、一般的なビジネス・テレワーク用途ではそれほど高い性能が要求されるということはないので、価格帯としては安いもので5~6万円程度から購入することができます。

これに上位グレードのCPUや薄型軽量などのスペックアップを行うと価格が上がっていくというイメージでしょうか。性能に関しては、動作の速さや作業効率などの快適性といった面にも大きく影響してきます。スペックの水準も年々上がっていきますから長く使うということを考えると10万円前後のパソコンがコスパ的にもおすすめです。

逆に、それ以上のハイエンドパソコンは動画編集や画像処理など特別な用途でない限りはあまり必要ないかもしれません。

 

おすすめテレワーク用パソコンBest3

ノートパソコン

mouse DAIV 4P
マウスコンピューターのCore i7-1165G7搭載、14型ハイスペックノートパソコンです。16GBメモリにNVMe対応SSDと充実の構成で重量は驚きの0.98kg。持ち運びにも便利なモバイルPCとしてもおすすめの一台。
またCPU内蔵の高性能グラフィックス機能、Iris Xeを搭載しているため、普段使いはもちろんライトなゲーミングPCやクリエイターPCとしても使える万能性が大きな魅力です。
画面サイズ14型フルHD+(1920×1200)
CPUCore i7-1165G7
メモリ16GB
グラフィック
Intel Iris Xe グラフィックス
ストレージSSD 512GB(NVMe)
価格153,780円(税込)

製品ページはこちら

IdeaPad Slim 560 Pro
大手メーカーレノボの人気シリーズIdeaPadのノートパソコンです。液晶パネルは大きめの16型ですが、表示領域をギリギリまで広げた設計となっておりサイズ自体はコンパクトにまとまっている点が好印象。
スペックは標準モデルでRyzen 5、メモリ8GB、SSD 512GBを搭載し、価格はなんと8.8万円。少し画面が大きめのノートパソコンがほしいという方には特にイチオシの製品です。
画面サイズ16型フルHD+(2560×1600)
CPURyzen 5 5600H
メモリ8GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
価格98,670円(税込)

製品ページはこちら

STYLE-14FH057-i5-UCEX
iconicon
使い勝手の良いモバイルノートパソコンが欲しいという方はこちらがおすすめ。 14型フルHD液晶にCPUはCore i5、メモリ8GBを搭載。本体重量0.98kgの軽さも大きな特徴です。
普段使いからテレワークまでシーンを選ばずオールマイティに活躍できる一台。10万円の価格設定も魅力的でコスパ重視のユーザーにも有力な選択肢となる製品です。
画面サイズ14型フルHD
CPUCore i5-1135G7
メモリ8GB
ストレージSSD 250GB(NVMe)
価格97,880円(税込)

製品ページはこちらicon

デスクトップパソコン

STYLE-R059-117-UHX
iconicon
新型の第11世代インテルCPUにメモリ16GB、SSD 500GBを搭載し、エアフローや拡張性を重視した専用オリジナルケース採用で機能性を高めた高コスパデスクトップパソコン。
シンプルな構成ながら性能は高く、人を選ばないスマートな外観もプラスポイント。カスタマイズの幅も広く、メモリのアップグレードやデュアルストレージにも対応可能となっています。
CPUCore i7-11700
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB(NVMe)
価格109,980円(税込)

製品ページはこちらicon

mouse DT5
スタンダードなデスクトップパソコンのおすすめモデルはこちら。ミニタワー型で省スペースの設置が可能な上、Core i5搭載で性能面も充実の人気製品となっています。
希望に応じてBlu-rayドライブの増設やストレージの追加などオプションも数多く用意されているので、自分好みにカスタマイズしたいという方にもおすすめ。
CPUCore i5-11400
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
価格76,780円(税込)

製品ページはこちら

FRONTIER GKシリーズ
場所を選ばず置けるコンパクトなデスクトップパソコンが欲しいという方はこちらの製品がおすすめ。最新のインテルCPUとグラフィックボードを搭載で性能面もばっちりカバー。
省スペースPCながら拡張性が高く、幅広いパーツでカスタマイズ可能となっているのも大きな魅力。サイドパネルはガラス製でメンテナンス性に優れたデザインケースとなっています。
CPUCore i5-11400F ~ Core i9-11900F
メモリ16GB ~ 32GB
グラフィックGeForce GTX 1650 ~ GeForce RTX 3070
ストレージSSD 512GB ~ 1TB(NVMe)
価格104,800円 ~ 239,800円(税込)

製品ページはこちら

まとめ

・CPUはCore i3・Ryzen3以上、メモリは4GB以上、ストレージはSSDを選ぶ

・持ち運ぶ場合は携帯性に優れた小型のモバイルPCが便利

・5~6万円から購入可能で、総合的には10万円前後の価格帯がおすすめ

というわけで、今回はテレワーク用パソコンの選び方についてお話をさせていただきました。パソコンを購入される際の一つの参考にしていただければ幸いです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

サイト内コンテンツ一覧