お役立ち

パソコンを買うにはいくらかかる?用途別に必要な予算を解説します!

パソコンを購入される際、「いくらぐらいのパソコンを買えばいいんだろう」と悩まれたことがある方も多いと思います。パソコンの価格は安ければ3万円程度から、高いものでは20万円以上と非常に大きな差がありますから、自分にとってどの価格帯のパソコンが適しているのか見極める必要があります。

そこで今回は、パソコン購入時に必要となる予算を用途別に解説していきます。必要な金額の大まかな目安として参考にしていただければと思います。

一般・家庭用パソコンの価格の目安

【3~5万円】価格を抑えたい人向けのエントリークラス

新品のパソコンで一番安い製品を探すと3万円台から購入できるものがあります。この辺りの価格の製品は極力無駄なコストを排除して機能を絞った機種になります。

安いからと言って全く使えないということはなく、先ほど挙げたようなメールのやり取りやWebサイトの閲覧などが主な用途であれば十分に可能なので、性能を求めない場合はこのくらいの価格でパソコンを購入することもできます。

とはいえ、基本的には最低限のスペックなのでOfficeソフトの利用や動画視聴、ビデオ通話などになると不便さを感じる場面も出てくるかと思います。

【5~10万円】普段使いには十分のミドルクラス

一番安い製品から少し価格を上げて、5万円を超えるものになると価格と性能のバランスが取れたラインナップとなります。テレワークなどでのビジネス用途やZoomなどのビデオ通話、YouTubeでの高画質な動画視聴など日常的な利用範囲であれば十分にこなせる性能を備えているので、幅広いユーザーにおすすめできる価格帯です。

ゲームに関してはグラフィックを重視しない簡易なものであればプレイ可能ですが、最新のFPSやアクションゲームなど処理の重い作品は満足にプレイできない場合もあります。

【10~15万円】様々な用途で快適動作のハイスペックモデル

10万円を超えてくると、複数のソフトの起動や簡単な動画編集などある程度の性能が必要とされる作業もこなせる価格帯のパソコンとなります。先ほど挙げたテレワークやネットサーフィンなどを行う場合も、エントリークラスの製品と比べて動作が速く快適に使用することができます。こうした一般ユーザーにも十分な恩恵があるため予算に余裕がある場合はこちらの価格帯がおすすめです。

ライトユーザー向けのゲーミングPCや動画編集向けPCなどグラフィックボードを搭載した製品もこのあたりの価格帯から購入することができます。

【15万円~】クリエイターやゲーマー向けのハイエンドモデル

本格的な動画編集をしたいという方や最新のゲームを快適にプレイしたいという方は20万円前後のパソコンがおすすめ。最上位グレードのCPUやグラフィックボードを搭載した製品が中心となる価格帯です。

ハイスペックPCを求めるゲーマーやクリエイター用の製品が多く、基本的にはコアユーザー向けのパソコンとなります。

一般向けPCの選び方など詳しい解説はこちら↓

【初心者向け】ノートパソコンの選び方を徹底解説します!初心者の方向けに最新ノートパソコンの選び方をわかりやすく解説!用途別・価格帯別におすすめの製品をピックアップしています。...
【初心者向け】デスクトップパソコンの選び方を徹底解説します!初心者の方向けに最新デスクトップパソコンの選び方をわかりやすく解説!用途別・価格帯別におすすめの製品をピックアップしています。...

 

ゲーミングPCの価格の目安

【7~10万円】ライトユーザー向けのエントリーモデル

ゲーミングPCで一番安い価格帯がこのあたりです。エントリーモデルとはいえ一般向けPCよりは遥かにハイスペックなので、最新のゲームでも画質の設定を落とせば十分プレイ可能。カジュアルにゲームを楽しみたいという方や初めてゲーミングPCを購入するという方におすすめの価格帯です。

【10~15万円】ワンランク上のミドルゲーマー向け

予算が潤沢にあるわけではないけどできるだけ性能も妥協したくないという方におすすめの価格帯。大抵のゲームはフルHDの高画質設定でもプレイ可能なスペックを備えています。性能と価格のバランスが取れた中間グレードなので、コストパフォーマンスも高く万人向けのクラス。

【15~20万円】性能重視のコアゲーマー向け

フルHDの最高画質や4K解像度で余裕を持ってゲームを楽しみたいというコアユーザー向けの価格帯。このクラスであればよほどのことがない限り性能面で不足を感じることはないと思います。動画編集などゲーム以外の用途にも使いたいという方もこのあたりの製品がおすすめ。

【20万円以上】最高のパフォーマンスを追求する人向け

20万円を超える製品になると、現行機種の中でも最高クラスの性能を持ったマシンになってきます。4Kでの最高画質設定や要求スペックの高い最新ゲームなども快適にプレイ可能です。ゲーム環境において一切妥協したくないというこだわりを持ったユーザーの方におすすめのハイエンドモデルとなります。

ゲーミングPCの選び方など詳しい解説はこちら↓

おすすめのゲーミングPCメーカー12社を徹底比較してみた!ゲーミングPCのメーカーごとの特徴やおすすめパソコンをどこよりも詳しく徹底比較!最新のセール情報も毎週更新しています。...

 

大学生 / ビジネス向けPCの価格の目安

WebカメラやOfficeソフトなど必要な機能はいくつかありますが、一般的なビジネス・テレワーク用途や大学のレポート作成程度であればではそれほど高い性能が要求されるということはないので、価格帯としては安いもので5~6万円程度から購入することができます。

これに上位グレードのCPUや薄型軽量などのスペックアップを行うと価格が上がっていくというイメージでしょうか。性能に関しては、動作の速さや作業効率などの快適性といった面にも大きく影響してきます。スペックの水準も年々上がっていきますから長く使うということを考えると10万円前後のパソコンがコスパ的にもおすすめです。

逆に、それ以上のハイエンドパソコンは動画編集や画像処理など特別な用途でない限りはあまり必要ないかもしれません。

ビジネス・テレワークPCの選び方など詳しい解説はこちら↓

【初心者向け】テレワーク用パソコンの選び方を徹底解説します!初心者の方向けに最新テレワークPCの選び方をわかりやすく解説!快適なテレワークにピッタリのおすすめ製品をピックアップしています。...

 

その他の周辺機器

パソコンの種類や用途によっては本体以外にも周辺機器の購入が必要となることがあります。ここではよく使われる代表的な周辺機器をご紹介します

マウス【1,000円~】

パソコンのカーソルを動かすための機器です。デスクトップパソコンを購入される方やノートパソコンでもマウスを使って操作したいという場合は別途購入する必要があります。

価格は安いもので数百円程度からゲーミング仕様の高機能マウスでは1万円を超えるものまで多数。普段使いであれば1,000~2,000円前後の製品でOKです。

キーボード【1,000円~】

パソコンに文字を入力するための機器です。こちらは主にデスクトップパソコンを購入された方向けの周辺機器となります。

価格はマウスと同じく安いものでは数百円程度からありますが、キーボードは押した感触などで品質の差が大きいため普段使いなら3,000円前後の製品がおすすめ。

モニター・ディスプレイ【10,000円~】

パソコンの画面を表示させるための機器です。こちらも基本的にはデスクトップパソコンを購入された方向けの周辺機器となります。

一昔前に比べてモニターの価格はかなり下がってきていて、フルHDの製品を1万円程度から購入することができます。より高性能なゲーミングモニターや4Kモニターでは3万円以上の価格となります。

オフィスソフト(Microsoft Office)【13,000円~】

製品内容期間・台数価格
Microsoft365
Personal
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher
Access
年間契約・月間契約
(同時利用5台)
12,984円(年間)
Office Personal
2019
Word
Excel
Outlook
永続ライセンス
(2台)
32,784円
Office Home &
Business 2019
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
永続ライセンス
(2台)
38,284円

パソコンで仕事をする際に必須の文書作成ソフト、Microsoft OfficeはPowerPoint込みのパッケージ版で38,284円、自動更新のMicrosoft365でも年間12,984円となっています。

長期間利用する場合は永続ライセンスを購入したほうがお得ですが、期間契約のMicrosoft365は常に最新のアップデートなどが含まれるため悩ましいところ。パソコン本体と同時購入で割引しているメーカーも多いので、最初からオフィス入りのパソコンを購入するのもあり。

 

コスパの高いおすすめパソコンBest3

ノートパソコン

mouse DAIV 4P
マウスコンピューターのCore i7-1165G7搭載、14型ハイスペックノートパソコンです。16GBメモリにNVMe対応SSDと充実の構成で重量は驚きの0.98kg。持ち運びにも便利なモバイルPCとしてもおすすめの一台。
またCPU内蔵の高性能グラフィックス機能、Iris Xeを搭載しているため、普段使いはもちろんライトなゲーミングPCやクリエイターPCとしても使える万能性が大きな魅力です。
画面サイズ14型フルHD+(1920×1200)
CPUCore i7-1165G7
メモリ16GB
グラフィック
Intel Iris Xe グラフィックス
ストレージSSD 512GB(NVMe)
価格153,780円(税込)

製品ページはこちら

ThinkPad E15
最新の第10世代Core プロセッサーを搭載した15.6型のオーソドックスなノートパソコンです。フルHDのIPS液晶に加え高品質の内蔵カメラも搭載で周辺装備も充実しています。
このスペックで7万円を切る価格は非常に魅力的。外部出力のHDMIも標準搭載で外出先でのプレゼンなどビジネス用途にもしっかり対応。
画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i3-10110U
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
価格61,600円(税込)

製品ページはこちら

note N1422K-500/T
使い勝手の良いモバイルノートパソコンが欲しいという方はこちらがおすすめ。 14型フルHD液晶にCPUはCore i5、メモリ8GBを搭載。本体は軽量アルミ合金を採用したスタイリッシュな外観と1.2kgの軽さが大きな特徴です。
普段使いからテレワークまでシーンを選ばずオールマイティに活躍できる一台。10万円の価格設定も魅力的でコスパ重視のユーザーにも有力な選択肢となる製品です。
画面サイズ14型フルHD
CPUCore i5-10210U
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB(NVMe)
価格102,080円(税込)

製品ページはこちら

 

デスクトップパソコン

AeroStream RM5A-C204/T
コストパフォーマンスの高い「Ryzen」CPUを搭載し、エアフローを重視した専用オリジナルケース採用で静音性を高めた多機能デスクトップパソコン。
シンプルな構成ながら性能は高く、このスペックで7万円台の価格は非常に魅力的。カスタマイズの幅も広く、グラフィックボードの追加やデュアルストレージにも対応可能となっています。
CPURyzen 5 PRO 4650G
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB
価格74,800円(税込)

製品ページはこちら

mouse DT5
スタンダードなデスクトップパソコンのおすすめモデルはこちら。ミニタワー型で省スペースの設置が可能な上、Core i5搭載で性能面も充実の人気製品となっています。
希望に応じてBlu-rayドライブの増設やストレージの追加などオプションも数多く用意されているので、自分好みにカスタマイズしたいという方にもおすすめ。
CPUインテル Core i5-10400
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
価格71,280円(税込)

製品ページはこちら

FRONTIER GKシリーズ
場所を選ばず置けるコンパクトなデスクトップパソコンが欲しいという方はこちらの製品がおすすめ。最新のインテルCPUとグラフィックボードを搭載で性能面もばっちりカバー。
省スペースPCながら拡張性が高く、幅広いパーツでカスタマイズ可能となっているのも大きな魅力。サイドパネルはガラス製でメンテナンス性に優れたデザインケースとなっています。
CPUCore i5-11400F ~ Core i9-11900F
メモリ16GB ~ 32GB
グラフィックGeForce GTX 1650 ~ GeForce RTX 3070
ストレージSSD 512GB ~ 1TB(NVMe)
価格104,800円 ~ 239,800円(税込)

製品ページはこちら

 

ゲーミングパソコン

G-Tune PL-B
コストパフォーマンス重視のゲーマーの方にはこちらの製品がおすすめ。 Core i5にGTX 1650 SUPERを搭載した省スペースのミニタワーゲーミングPCです。ハンドル付属のケースや底面メッシュカバーなど使い勝手も○。
10万円を切る価格帯のゲーミングPCとしては非常に優秀で、初めてゲーミングPCを購入するというカジュアルユーザーにもイチオシの製品です。
CPUインテル Core i5-10400
メモリ8GB
グラフィック
GeForce GTX 1650 SUPER
ストレージSSD 256GB(NVMe)
価格98,780円(税込)

製品ページはこちら

G-GEAR N1547K-700/T
ツクモのゲーミングPCブランド「G-GEAR」のハイスペックノートパソコン。Core i7にグラフィックボードを搭載し、動画編集から3Dゲームまで幅広くこなせる万能型の製品です。
狭額ベゼルの液晶モニターを採用し表示領域が広くなっているため、画面がすっきりとまとまりスタイリッシュな外観も好印象。価格もお手頃でPCゲーム入門機としてもおすすめの一台。
画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i7-10750H
メモリ8GB
グラフィック
GeForce GTX1650
ストレージSSD 250GB(NVMe)
価格120,780円(税込)

製品ページはこちら

FRONTIER GHシリーズ
最新のRyzen CPUを搭載したミドルクラスのデスクトップパソコン。スタイリッシュな外観とカスタマイズ性の高さが大きな特徴で、CPUやグラフィックボードをアップグレードすれば超ハイエンドPCとして組むこともできます。
ケースについているLEDでイルミネーションをコントロールすることが可能なオシャレ機能も良いアクセントに。
CPURyzen 5 5600X ~ Ryzen 9 5900X
メモリ16GB ~ 32GB
グラフィック
GeForce GTX 1650 ~ GeForce RTX 3090
ストレージSSD 512GB ~ 1TB(NVMe)
価格149,800円 ~ 419,800円(税込)

製品ページはこちら

 

 

まとめ

・パソコンの価格は安いもので3万円程度、高いものでは20万円以上と幅広い

・ゲーミングPCは7万円~、ビジネスPCは5万円~から購入可能

・パソコンの種類や用途によっては周辺機器の購入も必要

というわけで、今回はパソコンの用途別の予算についてお話をさせていただきました。パソコンを購入される際の一つの参考にしていただければ幸いです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

サイト内コンテンツ一覧