パソコンの選び方

BTOパソコンと大手メーカーパソコンの違いとは?

近年はデスクトップパソコン・ノートパソコンともに、BTOパソコンと呼ばれるカスタマイズ性の高い受注生産型の製品がシェアを伸ばしています。一方、家電量販店などの店頭で販売されているパソコンは、その多くを大手電機メーカー(富士通・東芝・NECなど)の製品が占めています。詳しく知らない方からするとよくわからない部分だと思いますが、両者の違いを知っておくことはパソコンを購入する際にとても重要になってきます。

そこで今回は、これら大手メーカーが発売するパソコンとBTOパソコンの違いについてご紹介していきたいと思います!

BTOパソコンとは?

BTOというのは、「Build To Order」の頭文字で、受注生産という意味を持っています。受注生産というのは文字通り注文を受けてから生産を開始するという意味ですから、ユーザーの注文を受けて要望に応じたパソコンを組み立てて販売するという形態がBTOの生産方式です。こうしたBTOパソコンを専門に扱うのがマウスコンピュータ・ドスパラ・パソコン工房といったBTOメーカーです。

 

BTOパソコンのメリット

カスタマイズ性が高い

真っ先に挙げられるBTOパソコンのメリットとしては、「カスタマイズ性の高さ」があります。

大手のメーカー品は工場で生産した完成品をそのまま店頭に並べるので、個別のカスタマイズはほとんどできませんが、BTOの場合はパーツ単位でパソコンの構成を細かく指定することが可能です。

「CPUはあれで、グラフィックボードはこれで、ストレージは1TBで、Blu-rayドライブも搭載して…」といったように、自分好みのパソコンを購入することができるということですね。もちろん、BTO各社が価格帯別に標準構成のPCも用意していますから、そこまで知識のない方でもカタログ通りでカスタマイズせずに購入することも可能です。

こうした選択肢の多さがBTOパソコンのメリットと言えます。

コストパフォーマンスが高い

高額な開発費や人件費を投じて生産する大手メーカーのPCと比べて、組み立てのみに特化しているBTOメーカーのパソコンは安価に購入することができます。同じ性能の大手メーカー品と比較すると、平均で2~3割程度は安くなっている場合が多いです。

また、最新のゲームや動画編集などをこなすハイスペックパソコンを購入する場合もBTOパソコンを選択することになります。近年の大手メーカーは一般用途のノートパソコンに注力しているため、コアユーザー向けの製品を販売していません。

逆に、とにかく安い製品が欲しいという場合もBTOの場合はノートパソコンで3万円前後から購入できるため、有力な選択肢となります。

 

大手メーカーパソコンのメリット

独自の高機能パソコンが購入できる

大手メーカー品の場合は基本的にノートパソコンのみとなりますが、こちらはこちらでBTOにはない強みがあります。それは、「薄型・軽量ノートパソコン」というジャンルです。学生向けやビジネス用途を重視しているメーカー品は、軽量化のためオリジナルのパーツなどを設計し、その分高コストにはなりますがとことん持ち運びの便利さにこだわった製品が多数ラインナップされています。

世界最軽量PCなど言われる重量3桁グラムの製品はBTOにはないため大手メーカー品の大きな強みと言えます。

また、ここ数年は海外大手メーカー(HP, レノボ, ASUSなど)の台頭やカスタム需要の増加もあって、メーカー品であってもある程度はパーツをカスタマイズできる製品が増えてきているため、以前と比べると選択肢の幅は格段に広がっています。

サポート面が充実

パソコン購入後のトラブルなどについても大手メーカーには長年のノウハウがあるため、カスタマーサポートや購入後の保証などは非常に充実しています。

とはいえ、最近は一般ユーザーがBTOパソコンを購入することも多くなってきたためBTO各社も以前と比べサポートにかなり力を入れるようになりました。ショップによってまちまちではありますが、マウスコンピュータの場合は24時間の電話サポートを受け付けるなどサポート面での大手メーカーとBTOメーカーの差は埋まりつつあります。

 

コスパの高いおすすめパソコンBest3

ノートパソコン

mouse DAIV 4P
マウスコンピューターのCore i7-1165G7搭載、14型ハイスペックノートパソコンです。16GBメモリにNVMe対応SSDと充実の構成で重量は驚きの0.98kg。持ち運びにも便利なモバイルPCとしてもおすすめの一台。
またCPU内蔵の高性能グラフィックス機能、Iris Xeを搭載しているため、普段使いはもちろんライトなゲーミングPCやクリエイターPCとしても使える万能性が大きな魅力です。
画面サイズ14型フルHD+(1920×1200)
CPUCore i7-1165G7
メモリ16GB
グラフィック
Intel Iris Xe グラフィックス
ストレージSSD 512GB(NVMe)
価格153,780円(税込)

製品ページはこちら

IdeaPad Slim 560 Pro
大手メーカーレノボの人気シリーズIdeaPadのノートパソコンです。液晶パネルは大きめの16型ですが、表示領域をギリギリまで広げた設計となっておりサイズ自体はコンパクトにまとまっている点が好印象。
スペックは標準モデルでRyzen 5、メモリ8GB、SSD 512GBを搭載し、価格はなんと8.8万円。少し画面が大きめのノートパソコンがほしいという方には特にイチオシの製品です。
画面サイズ16型フルHD+(2560×1600)
CPURyzen 5 5600H
メモリ8GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
価格98,670円(税込)

製品ページはこちら

STYLE-14FH057-i5-UCEX
iconicon
使い勝手の良いモバイルノートパソコンが欲しいという方はこちらがおすすめ。 14型フルHD液晶にCPUはCore i5、メモリ8GBを搭載。本体重量0.98kgの軽さも大きな特徴です。
普段使いからテレワークまでシーンを選ばずオールマイティに活躍できる一台。10万円の価格設定も魅力的でコスパ重視のユーザーにも有力な選択肢となる製品です。
画面サイズ14型フルHD
CPUCore i5-1135G7
メモリ8GB
ストレージSSD 250GB(NVMe)
価格97,880円(税込)

製品ページはこちらicon

デスクトップパソコン

STYLE-R059-117-UHX
iconicon
新型の第11世代インテルCPUにメモリ16GB、SSD 500GBを搭載し、エアフローや拡張性を重視した専用オリジナルケース採用で機能性を高めた高コスパデスクトップパソコン。
シンプルな構成ながら性能は高く、人を選ばないスマートな外観もプラスポイント。カスタマイズの幅も広く、メモリのアップグレードやデュアルストレージにも対応可能となっています。
CPUCore i7-11700
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB(NVMe)
価格109,980円(税込)

製品ページはこちらicon

mouse DT5
スタンダードなデスクトップパソコンのおすすめモデルはこちら。ミニタワー型で省スペースの設置が可能な上、Core i5搭載で性能面も充実の人気製品となっています。
希望に応じてBlu-rayドライブの増設やストレージの追加などオプションも数多く用意されているので、自分好みにカスタマイズしたいという方にもおすすめ。
CPUCore i5-11400
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
価格76,780円(税込)

製品ページはこちら

FRONTIER GKシリーズ
場所を選ばず置けるコンパクトなデスクトップパソコンが欲しいという方はこちらの製品がおすすめ。最新のインテルCPUとグラフィックボードを搭載で性能面もばっちりカバー。
省スペースPCながら拡張性が高く、幅広いパーツでカスタマイズ可能となっているのも大きな魅力。サイドパネルはガラス製でメンテナンス性に優れたデザインケースとなっています。
CPUCore i5-11400F ~ Core i9-11900F
メモリ16GB ~ 32GB
グラフィックGeForce GTX 1650 ~ GeForce RTX 3070
ストレージSSD 512GB ~ 1TB(NVMe)
価格104,800円 ~ 239,800円(税込)

製品ページはこちら

ゲーミングパソコン

G-Tune HM-B
コストパフォーマンスの高いゲーミングPCが欲しいという方はこちらの製品がおすすめ。CPUはCore i7、メモリ16GB、グラフィックボードにはRTX 3060を搭載した人気モデルです。
RTX 3060は以前の同価格帯の製品と比べて非常に性能が高く、3Dゲームも快適にプレイすることができます。ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで幅広くおすすめの一台。
CPUCore i7-11700
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 3060
価格197,780円(税込)

製品ページはこちら

LEVEL-15FX151-i7-PASX
iconicon
パソコン工房のゲーミングPCブランド「LEVEL∞」のハイスペックノートパソコン。Core i7にグラフィックボードのRTX 3050 Tiを搭載し、動画編集から3Dゲームまで幅広くこなせる万能型の製品です。
狭額ベゼルの液晶モニターを採用し表示領域が広くなっているため、画面がすっきりとまとまりスタイリッシュな外観も好印象。価格もお手頃でPCゲーム入門機としてもおすすめの一台。
画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i7-11800H
メモリ16GB
グラフィック
GeForce RTX 3050 Ti
ストレージSSD 500GB(NVMe)
価格156,880円(税込)

製品ページはこちらicon

FRONTIER GHシリーズ
最新のRyzen CPUを搭載したミドルクラスのデスクトップパソコン。スタイリッシュな外観とカスタマイズ性の高さが大きな特徴で、CPUやグラフィックボードをアップグレードすれば超ハイエンドPCとして組むこともできます。
ケースについているLEDでイルミネーションをコントロールすることが可能なオシャレ機能も良いアクセントに。
CPURyzen 5 5600X ~ Ryzen 9 5900X
メモリ16GB ~ 32GB
グラフィック
GeForce GTX 1650 ~ GeForce RTX 3090
ストレージSSD 512GB ~ 1TB(NVMe)
価格149,800円 ~ 419,800円(税込)

製品ページはこちら

まとめ

BTOパソコンを買う場合は、すべて自分で選ぶことができる反面多少の手間はかかりますが、コストパフォーマンスにも優れているため性能の高いパソコンをできるだけ安く購入したいという場合は特におすすめです。

一方、ノートパソコンを頻繁に外に持ち運ぶ方で薄型軽量を重視する場合や、店頭でのサポートなどを希望される方は大手メーカーの製品がおすすめです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

サイト内コンテンツ一覧