お役立ち

グラフィックボードとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!

「パソコンを買うときにグラフィックボードはどれを選んだらいい?」「種類がありすぎてよくわからない」といった方向けにグラフィックボード・ビデオカードの選び方を初心者向けに解説していきたいと思います。細かいスペックなどまで見ていけばキリがない世界なのですが、最初からすべて網羅するのは大変なので、今回はその中でも特に大事なポイントを中心にご紹介していきます!

グラフィックボード(ビデオカード)とは?

グラフィックボードとは、パソコンの中でも特に映像処理の部分を担当するパーツです。動画の再生や映像の編集、3Dゲームの描画など、映像を表示させるための様々な役割を担っています。

近年では、CPUやマザーボードといったパーツの中にもオンボードと呼ばれるグラフィック機能が内蔵されており、グラフィックボードなしでも簡易的な映像処理(動画再生など)はできるようになっています。

 

グラフィックボードが必要な人は?

じゃあCPUだけで十分じゃん!という話になります。実際に市販のパソコンの多くは個別のグラフィックボードを搭載していません。では、グラフィックボードはどんな人に必要なのでしょうか。

これはズバリ、パソコンでゲームをプレイする人です。

オンボードの映像処理機能はあくまで簡易的なものになるため、PCゲームのような最新の3Dグラフィックをリアルタイムで表示させるには性能が不足します。つまり、ゲームを快適にプレイするためにはグラフィックボードが必須になるということですね。

他にも、高画質の映像編集や動画配信、クリエイター向けの高度な3Dグラフィックを用いるソフトを使う場合などもグラフィックボードが必要になってきます。

 

グラフィックボードの種類

グラフィックボードの中の映像処理を行う中心部分はGPUと呼ばれ、このGPUを作っているメーカーは「NVIDIA」と「AMD」の2社に分かれます。

NVIDIAは「GeForce」、AMDは「Radeon」という名前の製品をそれぞれ販売しています。

現状のグラフィックボードのシェアとしてはNVIDIAの方が優勢で、特に高性能なハイエンドの価格帯ではNVIDIAの1強となっている状態です。AMDはCPUの生産も行っている強みを生かして、同社のCPU「Ryzen」と組み合わせた製品展開をするなど巻き返しを模索しています。

NVIDIA:「GeForce」

グラフィックボード市場で非常に高いシェアを獲得している主流の製品です。性能やコストパフォーマンスの高さに加え、消費電力の低さなども評価されここ数年は個人向けグラフィックボードの大半を占めるほど多くのユーザーに支持されています。ゲームや動画編集などオールマイティに活躍。

NVIDIA:「Quadro」

動画編集や画像編集、CADなどクリエイター向け用途に特化したグラフィックボードです。これらの用途では非常に高い性能を発揮しますがゲームには向かないため、普段ゲームをしないクリエイターの方にはこちらの製品がおすすめ。

AMD:「Radeon」

こちらも長年に渡ってGeForceとシェアを競っているAMDのグラフィックボードです。GeForceの製品改良によって近年は若干劣勢になっていますが、ゲームの録画、キャプチャ、放送などができるReLiveという機能や理論性能の高さを生かしたマイニングなどに強みがあります。

Intel:「Iris Xe」(CPU内蔵)

インテルの最新CPUに内臓されている「Iris Xe」というグラフィックスエンジンもあります。CPU自体にグラフィック機能が搭載されているため、グラフィックボードを個別に搭載する必要がないという点が大きなメリットです。性能では通常のグラフィックボードよりやや劣りますが、設定を落とせば最新の3Dゲームも十分プレイすることができるため、ライトゲーマーの方におすすめです。

Iris Xeグラフィックスの詳しい解説はこちら↓

ゲームもサクサク!インテルの新型GPU「Iris Xeグラフィックス」とは?インテルの第11世代Coreプロセッサーに搭載される内蔵GPU「Iris Xeグラフィックス」の実力を徹底解説!Iris Xe搭載のおすすめパソコンもピックアップしています。...

グラフィックボードの選び方

CPUと同じく、基本的には価格が高くなるほど性能も上がるという認識でOKです。とはいえ、自分の用途で具体的にどれくらいの性能が必要なのか把握する必要があります。そのために、まずはプレイしたいゲームで必要なスペックを確認しておきましょう。

ゲーム推奨環境
フォートナイトNvidia GTX 660またはAMD Radeon HD 7870
モンスターハンターワールドNVIDIA GeForce GTX 1060(VRAM 3GB) or AMD Radeon RX 570 (VRAM 4GB)

ゲームの公式サイトを見ると、上記のような必要スペックが載っていますから、自分がプレイしたいゲームの推奨環境以上の製品を選ぶようにしましょう。

また、「VRAM 3GB」などといった表記がありますが、これはGPUが搭載しているメモリ容量のことで、こちらも数値が大きくなるほど高性能ということになります。

下記に現行グラボの早見表を用意したので、必要に応じて参考にしてください。

NVIDIAAMD単体の価格
RTX 3090RX 6900 XT200,000円~
RTX 3080RX 6800 XT100,000円~
RTX 3070RX 680070,000円~
RTX 306060,000円~
RTX 2080RX 6700XT85,000円~
RTX 2070RX 5700XT45,000円~
RTX 2060RX 570035,000円~
GTX 1660RX 5600 XT20,000円~
GTX 1650RX 5500 XT15,000円~

予算に応じてできるだけ上位の製品を選んでいただければ間違いないですが、今からハイエンドのデスクトップゲーミングPCを購入する場合は新製品のRTX 3000番台をおすすめします。前世代のものに比べて性能が格段に向上していますし、コストパフォーマンスも非常に高くなっています。

エントリークラスの製品を購入したいという方はGTX1600番台がおすすめ。圧倒的に価格が安く10万円を切る値段でゲーミングPCを購入することができます。

 

高コスパのおすすめゲーミングパソコンBest3

ノートパソコン

LEVEL-17FX152-i7-NAPX
iconicon
パソコン工房のゲーミングPCブランド「LEVEL∞」のノートパソコン。高性能なCore i7のCPUに加え、グラフィックボードGeForce RTX 3050を搭載したモデルです。一般向けにも違和感なく併用できるシンプルな外観が特徴で、キーボードのバックライトなどもさりげないアクセントとしてしっかり装備。
価格もミドルクラスのゲーミングノートとしてはお手頃で、ユーザーの属性やシーンを選ばず活躍できる万能型の製品です。
画面サイズ17.3型フルHD
CPUCore i7-11800H
メモリ32GB
グラフィックGeForce RTX 3050
ストレージSSD 500GB(NVMe)
価格171,980円(税込)

製品ページはこちらicon

G-Tune E5-165
ミドルクラス~ハイエンドのゲーミングノートが欲しいという方はこちらの製品がおすすめ。CPUにCore i7、メモリ16GB、グラフィックボードにRTX 3060を搭載した高コスパモデルです。
より滑らかな映像を表示できるリフレッシュレート165HzのWQHD(2,560×1,440)液晶を採用し、ゲームへの没入度を高めることができます。またノートPCながら細かいパーツ類もカスタマイズ可能となっています。
画面サイズ15.6型フルHD+
CPUCore i7-11800H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 3060 Laptop GPU
価格230,780円(税込)

製品ページはこちら

Legion 560
レノボのゲーミングPCブランド「Legion」のコスパ最強ゲーミングPC。Ryzen 5にGTX 1650のグラフィックボード搭載で10万円という価格はほぼ最安値クラスと言っていいと思います。
縁の狭いスリムベゼルの15.6型液晶は120Hzのリフレッシュレートに対応し、より滑らかな映像でゲームを楽しむことができます。コスパ重視のゲーマーにおすすめの一台。
画面サイズ15.6型フルHD
CPURyzen 5 5600H
メモリ16GB
グラフィックGeForce GTX 1650
ストレージSSD 512GB(NVMe)
価格105,833円(税込)

製品ページはこちら

デスクトップパソコン

LEVEL-M066-127-RBX
iconicon
デスクトップゲーミングPCのおすすめはこちらの製品。CPUは上位グレードのCore i7にグラフィックボードは新型ミドルクラスのGeForce RTX 3060を搭載。ゲーミングモデルとしては場所を取らないコンパクトなサイズ感も〇。
ケース前面の赤く塗装された側面にUSBなどの外部端子が設置されている点も大きな特徴で、見た目のスマートさは他社のモデルと比べても随一です。
CPUCore i7-12700
メモリ16GB
グラフィックGeForce RTX 3060
ストレージSSD 500GB(NVMe)
価格199,980円(税込)

製品ページはこちらicon

G-Tune PL-B
予算を抑えてゲームを楽しみたいという方におすすめの製品がこちら。CPUに Core i5を採用し、メモリ16GB、グラフィックボードはGTX 1650を搭載したライトユーザー向けゲーミングPCです。
価格は14万円台とゲーミングPCの中ではリーズナブルな設定。エントリークラスですが画質の設定を落とせば最新の3Dゲームも十分プレイ可能です。PCゲーム入門機としてもおすすめ。
CPUCore i5-11400
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
グラフィックGeForce GTX 1650
価格149,800円(税込)

製品ページはこちら

FRONTIER GHシリーズ
最新のRyzen CPUを搭載したミドルクラスのデスクトップパソコン。スタイリッシュな外観とカスタマイズ性の高さが大きな特徴で、CPUやグラフィックボードをアップグレードすれば超ハイエンドPCとして組むこともできます。
ケースについているLEDでイルミネーションをコントロールすることが可能なオシャレ機能も良いアクセントに。
CPURyzen 5 5600X ~ Ryzen 7 5700X
メモリ16GB ~ 32GB
グラフィック
GeForce RTX 3050 ~ GeForce RTX 3080
ストレージSSD 512GB ~ 1TB(NVMe)
価格159,800円 ~ 339,800円(税込)

製品ページはこちら

グラフィックボードのよくある質問

Q. どれくらいの価格帯がコスパ良い?

A. コストパフォーマンスの観点でいうと2万円~3万円台のグラボがおすすめ。たいていのゲームは快適に動きますし、最新ゲームも画質の設定を多少落とせば十分遊べます。とはいえ新しいゲームが出るたびに必要スペックは年々上がっていくので、予算に余裕があれば高性能モデルを買っておくに越したことはないと思います。

Q. 一般ユーザーにもグラボは必要?

A. 前述のとおり、ゲームや動画編集をやるなら必要になってきます。逆に言うと、YouTubeの動画視聴やネットサーフィン程度であれば、わざわざグラボを搭載してもあまり恩恵は受けられないと思います。現状ではあくまでコアユーザー向けのパーツという位置づけです。

Q. お金をかけるならCPUとグラボどっちがいい?

A. 両方のバランスが大切です。せっかく高性能なグラボを載せても、CPUの性能が足りていないと十分なパフォーマンスが発揮できません。ゲームを軽めに楽しみたいという場合は、より幅広い用途に活用できるCPUに多めの予算を割いてゲーム用にエントリークラス(コスパ重視)のグラボを載せておくというのはアリだと思います。

CPUについてはこちらの記事で解説しています↓

パソコンのCPUとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのCPUの役割や選び方をわかりやすく解説!インテルの「Core iシリーズ」、AMDの「Ryzen」などメーカーごとの違いも徹底比較します。...

 

ゲームを楽しむならグラボは必須!

最近では僕が大学で専攻していた高性能計算の分野など、グラフィックボード(GPU)の活躍の場が広がってきていますが、やはりメインの用途としてはゲーミング向けが大半です。PCゲームのメーカーも当然グラフィックボードを使う前提でゲームを開発していますから、最新のゲームや処理の重いゲームでは必須のパーツになってきます。

とはいえ、スペックを追求していくと際限がなく、ハイエンドモデルになればなるほど指数関数的に価格も上昇していきますから、自分の予算や他のパーツ構成なども見極めながら最適なグラフィックボードを選んでいきましょう!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

パソコン購入の無料相談はこちら

当サイトでは、パソコン購入をご検討されている方向けに、LINEのチャットにて製品選びのサポートをさせていただいております。

普段使いのPCからゲーミングPC、ビジネスPCまでご希望の条件で製品をご提案させていただきますのでパソコン選びでお悩みの方、製品探しでお困りの方はぜひお気軽にご相談いただければと思います。またすべて無料で対応させていただきますので料金等は一切かかりません。

ご利用の際は当サイトのLINEアカウントを友だち登録していただき、用途や予算等ご希望の条件を下記のテンプレートに分かる範囲でご記入いただければ各メーカーを比較した上で最適な製品をピックアップしてご提案いたします。

●PC購入相談テンプレート

【用途】(例)文書作成、ビデオ通話、YouTube、PCゲーム、動画編集など
【予算】(例)10万円以内、20~25万円など
【種類】(例)デスクトップパソコン、ノートパソコンなど
【その他】(例)できるだけ軽いパソコン、長時間バッテリーのパソコン、Core i7搭載のパソコンなどその他ご希望がございましたらご自由にお書きください。

LINEアカウントはこちら↓


友だち追加

ID検索「@436fnebx」でも友だち追加できます。
※検索時は先頭の@も入力してください。

ご記入いただいた後、1~3日以内にできるだけ早くご返信いたします。

用途や予算に応じて各メーカーから厳選した高コスパPCをご提案させていただきますので、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

サイト内コンテンツ一覧