パソコンの選び方

【初心者向け】デスクトップパソコンの選び方を徹底解説します!

小型で便利なノートパソコンの登場によって近年は存在感が薄くなっているデスクトップパソコンですが、同じ場所で腰を据えてパソコンを使う場合はやはりデスクトップパソコンの方が使い勝手が良いということも多々あります。

特にハイスペックなパソコンがほしいという場合はデスクトップパソコンのほうがコストパフォーマンスが高いですし、選択肢も圧倒的に多くなります。

そこで今回は、PC初心者の方向けにデスクトップパソコンの選び方について解説していきます。

デスクトップパソコンとは?

そもそもデスクトップパソコンが何なのかよくわからないという方もいらっしゃると思いますので、ノートパソコンとの違いについておさらいしておきます。

デスクトップパソコンとは、その名の通り机の上など決まった場所に備え付けて使用するタイプのパソコンのことです。パソコン本体がが独立しているというのが大きな特徴で、使用する際にはキーボードやマウス、モニターなど周辺機器を別に用意して接続する必要があります。ノートパソコンの場合はモニターやキーボードは本体と一体になっていますから、ここが大きな違いということになります。

また、モニターと一体になったオールインワンPCと呼ばれる製品もあり、こちらはデスクトップパソコンの中でもより省スペースで設置できるタイプとなっています。

NECのオールインワンパソコン「LAVIE Home All-in-one」

 

デスクトップパソコンのメリット

次に、デスクトップパソコンを選ぶメリットにはどのようなものがあるのがご紹介します。

コストパフォーマンスが高い

ノートパソコンの場合はパーツを小型化しなければならないため、その分のコストが上乗せされてしまいます。デスクトップパソコンはそういったことを気にする必要がないため、同じ性能で比べた場合はデスクトップ型のほうが安く購入できます。

カスタマイズ性が高い

デスクトップパソコンは内部のスペースに余裕があるため、購入時にパーツを変更したりあとから増設したりできるなど拡張性も高くなります。自分好みにアレンジしてパソコンを購入したいという場合はデスクトップパソコンがおすすめ。

ハイスペックパソコンにも対応

ゲームや動画編集、映像処理などに使うハイスペックパソコンの場合もデスクトップのほうが有利となります。ノートパソコンは小型化のため高性能パーツの搭載が難しく、ハイエンドモデルはどうしても高額になりがちです。そのため高性能になるほどデスクトップパソコンのほうがお得に購入できます。

 

用途と予算を決める

では具体的なデスクトップパソコンの選び方ですが、まずは用途と予算を決めましょう。

自分はパソコンを何に使いたいのかということです。ネットの閲覧などは大抵の人が当てはまると思いますが、それ以外にもビデオ通話や文書作成、ゲームやイラスト制作などパソコンを購入してそれをどのように使うのか具体的にイメージしておきましょう。

用途が決まればそれに応じて自動的に予算も決まってきます。価格帯の例をいくつかご紹介しますので、自分の欲しいパソコンがどれくらいの価格になるのか大まかな基準として参考にしていただければと思います。

【3~5万円】価格を抑えたい人向けのエントリークラス

新品のデスクトップパソコンで一番安い製品を探すと3万円台から購入できるものがあります。この辺りの価格の製品は極力無駄なコストを排除して機能を絞った機種になります。

安いからと言って全く使えないということはなく、先ほど挙げたようなメールのやり取りやWebサイトの閲覧などが主な用途であれば十分に可能なので、性能を求めない場合はこのくらいの価格でパソコンを購入することもできます。

とはいえ、基本的には最低限のスペックなのでOfficeソフトの利用や動画視聴、ビデオ通話などになると不便さを感じる場面も出てくるかと思います。

【5~10万円】普段使いには十分のミドルクラス

一番安い製品から少し価格を上げて、5万円を超えるものになると価格と性能のバランスが取れたラインナップとなります。テレワークなどでのビジネス用途やZoomなどのビデオ通話、YouTubeでの高画質な動画視聴など日常的な利用範囲であれば十分にこなせる性能を備えているので、幅広いユーザーにおすすめできる価格帯です。

ゲームに関してはグラフィックを重視しない簡易なものであればプレイ可能ですが、最新のFPSやアクションゲームなど処理の重い作品は満足にプレイできない場合もあります。

【10~15万円】様々な用途で快適動作のハイスペックモデル

10万円を超えてくると、複数のソフトの起動や簡単な動画編集などある程度の性能が必要とされる作業もこなせる価格帯のデスクトップパソコンとなります。先ほど挙げたテレワークやネットサーフィンなどを行う場合も、エントリークラスの製品と比べて動作が速く快適に使用することができます。こうした一般ユーザーにも十分な恩恵があるため予算に余裕がある場合はこちらの価格帯がおすすめです。

ライトユーザー向けのゲーミングPCや動画編集向けPCなどグラフィックボードを搭載した製品もこのあたりの価格帯から購入することができます。

【15万円~】クリエイターやゲーマー向けのハイエンドモデル

本格的な動画編集をしたいという方や最新のゲームを快適にプレイしたいという方は20万円前後のデスクトップパソコンがおすすめ。最上位グレードのCPUやグラフィックボードを搭載した製品が中心となる価格帯です。

ハイスペックPCを求めるゲーマーやクリエイター用の製品が多く、基本的にはコアユーザー向けのパソコンとなります。

 

性能を確認する

大体の予算が決まったら、いよいよ個別の製品選びに入るわけですが、その際にパソコンのスペックを確認しておきましょう。とはいえ、初心者の方にパーツの型番がどうとかそこまで把握するのは難しいですから、大まかな部分は先ほど挙げた価格帯で判断しても問題ありません。

そのうえで、最低限の見るべきポイントとして、CPUとメモリ、ストレージの種類を把握しておきましょう。

CPUはここをチェック!

CPUはの種類は大きく分けて3つで、価格の安い廉価グレードの「Celeron」と、マルチコアCPUの「Core」、「Ryzen」があります。それぞれ「Core i3~i9」、「Ryzen3~9」までグレードが分かれていて数字が大きくなるほど高価で高性能となっているなどいろいろあるのですが、ひとまず押さえておいてほしいのは基本的に「Core」か「Ryzen」搭載の製品を選ぶということです。

Celeronは安価ですがその分性能が低いため、予算の関係でとにかく安いパソコンを購入したい!という場合以外は積極的に選ぶ理由がないので避けておくのが無難です。

CPUについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

パソコンのCPUとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのCPUの役割や選び方をわかりやすく解説!インテルの「Core iシリーズ」、AMDの「Ryzen」などメーカーごとの違いも徹底比較します。...

メモリはここをチェック!

メモリに関しては用途によって必要な容量が変わってきます。

大まかな目安としては、ビジネスや普段使いであれば4GB以上、快適性重視でパソコンの動作にストレスを感じたくないという場合は8GB以上、ゲームや動画編集など高い性能が必要な用途の場合は16GB以上をおすすめします。

メモリについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

メモリ容量は何GBがベスト?PCメモリの選び方を徹底解説!初心者の方向けにパソコンのメモリの役割や選び方をわかりやすく解説!用途別にどれくらいの容量が必要なのか、メーカーごとの特徴などもご紹介します。...

ストレージはここをチェック!

次に、データを保存するストレージの種類ですが、こちらはHDDとSSDの2つがあります。SSDの方が新しい規格でパソコンの動作が速くなるため、こちらも予算の問題がなければSSDを選んでおきましょう。

ストレージの容量は、通常の用途であれば500GB以上、ゲーミングやクリエイター向けであれば1TB以上を選んでおくと良いと思います。

ストレージについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

HDD?SSD?パソコンのストレージの選び方を徹底解説します!初心者の方向けにパソコンのストレージの役割や選び方をわかりやすく解説!HDDとSSDの違いや新規格のNVMeなど製品ごとの特徴もご紹介します。...

CPUは安さ重視の場合は「Celeron」それ以外は「Core」か「Ryzen」を選ぶ

メモリは安さ重視なら4GB、快適性・コスパ重視なら8GB、性能重視なら16GB以上

ストレージはHDDとSSDの2種類があり、SSDの方が動作が速い

【コアユーザー向け】グラフィックボードの選び方は?

グラフィックボード搭載のパソコンが欲しいという方は基本的にはゲームや映像関連のクリエイティブ用途が多いと思います。必要な性能についてはこれという正解がないため難しい部分ではあるのですが、手っ取り早く決めたいという場合は各メーカーのゲーミングPCに分類されている製品を購入してください。

ゲーミングPCであればすべてグラフィックボードが搭載されているため一番安いものでも画質設定を下げれば大抵のゲームはプレイできますし、動画編集なども可能です。CPUやグラフィックボードの性能を上げるとより快適にゲームや編集ソフトなどを使うことができますが、その分価格も上がっていくため自分の予算と相談しながらどのパソコンを購入するか決めていきましょう。

グラフィックボードについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

グラフィックボードとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのグラフィックボードの役割や選び方をわかりやすく解説!NVIDIAの「GeForce」、AMDの「Radeon」などメーカーごとの違いも比較します。...

 

複数のメーカーで比較する

同じ価格の製品でもメーカーによって性能やデザインが異なりますから、いくつかのメーカーで比較してみましょう。購入後のサポートや保証などもお店によって違いがあるためそのあたりを基準に選ぶのも良いと思います。

特にハイエンドモデルなど高額な製品の場合はメーカーによって価格差が大きく、同じスペックの製品でも価格が2~3万円違うという場合もありますからできるだけ複数のメーカーを見比べておくことをおすすめします。

 

おすすめデスクトップパソコンBest3

一般向けパソコン

AeroStream RM5A-C204/T
コストパフォーマンスの高い「Ryzen」CPUを搭載し、エアフローを重視した専用オリジナルケース採用で静音性を高めた多機能デスクトップパソコン。
シンプルな構成ながら性能は高く、このスペックで7万円台の価格は非常に魅力的。カスタマイズの幅も広く、グラフィックボードの追加やデュアルストレージにも対応可能となっています。
CPURyzen 5 PRO 4650G
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB
価格74,800円(税込)

製品ページはこちら

mouse DT5
スタンダードなデスクトップパソコンのおすすめモデルはこちら。ミニタワー型で省スペースの設置が可能な上、Core i5搭載で性能面も充実の人気製品となっています。
希望に応じてBlu-rayドライブの増設やストレージの追加などオプションも数多く用意されているので、自分好みにカスタマイズしたいという方にもおすすめ。
CPUインテル Core i5-10400
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
価格76,780円(税込)

製品ページはこちら

FRONTIER GAシリーズ
トップクラスのカスタマイズ性を誇る高性能ミドルタワーパソコン。10種類以上のグラフィックボードはもちろん、デュアルストレージやメモリ4枚挿しなども可能で、拡張性の高さを重視する方におすすめの製品です。
PC内の空間が広く、冷却性能の高い空冷CPUクーラーや、メンテナンスフリーの水冷クーラーなど性能の発揮に重要なエアフロー周りを強化できる点も嬉しいポイント。
CPUCore i5-11400F
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
グラフィックGeForce GTX 1650
価格114,800円~

製品ページはこちら

 

ゲーミングパソコン

G-Tune HM-A
コストパフォーマンスの高いゲーミングPCが欲しいという方はこちらの製品がおすすめ。CPUはRyzen 7、メモリ16GB、グラフィックボードには新型のRTX 3060を搭載した人気モデルです。
RTX 3060は以前の同価格帯の製品と比べて非常に性能が高く、3Dゲームも快適にプレイすることができます。ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで幅広くおすすめの一台。
CPURyzen 7 3700X
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 3060
価格175,780円(税込)

製品ページはこちら

G-GEAR GA7A-H203/XT2
ツクモでデスクトップゲーミングPCを買うならこちらのモデルがおすすめ。新型の「Ryzen 7」に最新グラボのGTX RTX 3070、メモリ16GBと充実の構成で税込22万円と非常にコストパフォーマンスの高い製品となっています。
もっと性能を上げたいという方はパーツをアップグレードすることもできますし、逆に予算を抑えたいという場合はダウングレードも可能。自分好みに構成を変更できる自由度の高さもおすすめポイントです。
CPURyzen 7 3700X
メモリ16GB
グラフィックGeForce RTX 3070
ストレージSSD 500GB(NVMe)
価格219,800円(税込)

製品ページはこちら

FRONTIER GHシリーズ
最新のRyzen CPUを搭載したミドルクラスのデスクトップパソコン。スタイリッシュな外観とカスタマイズ性の高さが大きな特徴で、CPUやグラフィックボードをアップグレードすれば超ハイエンドPCとして組むこともできます。
ケースについているLEDでイルミネーションをコントロールすることが可能なオシャレ機能も良いアクセントに。
CPURyzen 5 5600X ~ Ryzen 9 5900X
メモリ16GB ~ 32GB
グラフィック
GeForce GTX 1650 ~ GeForce RTX 3090
ストレージSSD 512GB ~ 1TB(NVMe)
価格149,800円 ~ 419,800円(税込)

製品ページはこちら

まとめ

・CPUはCore i3・Ryzen3以上、メモリは4GB以上、ストレージはSSDを選ぶ

・モニターと一体になっているオールインワンPCもおすすめ

・3~4万円から購入可能で、ハイエンドでは20万円以上の製品も

というわけで、今回は初心者の方向けにデスクトップパソコンの選び方についてご紹介させていただきました。少しでも皆さんのパソコン選びの参考になれば幸いです。それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

サイト内コンテンツ一覧