パソコンの選び方

大学生向けノートパソコンの選び方とおすすめパソコンを徹底解説します!

大学に通う際に必要になるアイテムの一つとして「ノートパソコン」があります。近年はパソコンの持参が必須の授業を取り入れる大学も増えましたが、どのようなパソコンを購入すればいいのか悩んでいる学生の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、学生向けパソコンの選び方や大学生におすすめのノートパソコンを元理系院生の私が徹底解説します。少しでも皆さんのパソコン選びの参考になれば幸いです。

大学でパソコンが必要になる場面とは?

大学生向けのパソコンと言っても、これから大学生になる方にとってはどういったことでパソコンが必要になるのかイメージしづらいかもしれません。まずは、どのような場面でパソコンを使うことになるのか確認しておきましょう。

オンライン授業

一般的に大学での授業は実際に大学に通って教室内での対面の授業が基本です。しかし、近年は新型コロナウイルスなどの影響で、自宅から授業を受ける事ができるオンライン授業の仕組みを取り入れる大学が一気に増加しました。こうした時代背景もあり、対面授業とオンラインの遠隔授業を併用するという状態は今後も続いていくことが見込まれています。

オンライン授業にはZoomなどのビデオ通話ソフトを利用した双方向のリアルタイム授業と、教員が作成した講義資料や授業動画を視聴するオンデマンド授業の2つがあります。

リアルタイムな授業では教員と学生のコミュニケーションが必要となるため、Webカメラやマイクなどが必要になります。これらは最近のノートパソコンには標準で搭載されているため特に心配する必要はありませんが、念のためWebカメラがついているかどうかは確認しておきましょう。

 

レポート作成

大学の授業の特徴の一つとして、レポート課題というものがあります。これは、授業内で与えられた課題に対してその答えや自分の考えなどをレポートにまとめて提出するというものです。

これらのレポートは手書きという場合は少なく(教員によってはまれにありますが)、基本的にはWordなどの文書作成ソフトを用いて作成します。また、理系の場合は
LaTeXなどの論文作成ツールでレポートを書く場合もあります。

いずれにしてもパソコンの仕様がほぼ必須で、学内に備え付けられているパソコンを使うこともできますが、教室や自宅でレポートを書きたいという場合も多々あると思いますので大学生の場合は持ち運びに便利なノートパソコンがおすすめ。

 

卒論・研究

卒業論文を書く際も文系の場合はWord、理系の場合はTeXなどいずれもパソコンでの執筆作業となります。また、卒業研究のデータ分析や情報収集などでパソコンが必要になる場面も多いです。

基本的には標準的な性能を備えたパソコンであれば問題ないですが、理系で専門のソフトやプログラムなどを用いて研究を行うという場合はより高性能なパソコンを使ったほうが快適に研究を進められるという場合もあります(もちろん研究室のパソコンを使うことも可能)。

 

プレゼンテーション

大学では授業やゼミ、研究室など多くの場面でプレゼンテーション(発表)を行う機会があります。これらはPowerPointというソフトでプレゼンのスライドを発表し、調査結果などを発表するという形式がほとんどです。

PowerPointでのスライド作りの際はもちろん、発表時にもパソコンが必要になるためこうした場面でも自分用のノートパソコンが活躍することになります。

 

就職活動

意外とフォーカスされにくいですが、就活でもパソコンの仕様は必須です。近年は大半の企業がWebエントリーで、履歴書やエントリーシートの提出、SPIテストや適性検査など序盤の先行はほとんどWeb上で行われる仕組みになっています。

また、企業に入ってからもパソコンを使って仕事をすることになるため、ある程度パソコンのスキルを身に着けておくことは就活時にも大きなアドバンテージとなります。

 

趣味・プライベート

自分用のパソコンを持っておけば、大学で使うパソコンとしてはもちろんですが、趣味やプライベートの用途にも併用することができます。

ネットの閲覧やSNSの投稿、YouTube、Netflixなどの動画視聴、PCゲームなどノートパソコン一台でできることは多岐にわたります。スマートフォンで代用できるものもありますが、動画視聴やゲームなどはパソコンのほうが大きな画面で見ることができるというメリットもあります。

 

 

大学生向けのノートパソコンに必要な性能は?

それでは具体的にどれくらいの性能があれば快適に使えるかという点について解説していきます。細かいことはよくわからないという方は読み飛ばしていただいても大丈夫です。

CPU

CPUとはパソコンの中枢を担う代表的な装置です。パソコンというのは内部で様々な計算をしてアプリを起動したり画面を表示したりしているのですが、その計算の大部分を担当しているのがこのCPUというパーツになります。性能の高いCPUは当然パソコンの動作が早くなりますし性能が低いと遅くなります。

学生向けでおすすめなのは、ズバリ「Core i5・Ryzen 5」もしくは「Core i7・Ryzen 7」を搭載した製品です。わかりやすく言うと、これらのCPUは真ん中より少し上の性能を持った製品になります。10段階でいうと6~8くらいというイメージですね。

オンライン授業やレポートなど一般的な用途であればCore i5・Ryzen 5を搭載した製品で十分ですし、せっかくなら少し良いパソコンを買いたいという方や理系で頻繁にパソコンを使う予定のある方はCore i7・Ryzen 7を搭載した製品を購入すると良いと思います。

CPUに関する詳しい解説はこちら↓

パソコンのCPUとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのCPUの役割や選び方をわかりやすく解説!インテルの「Core iシリーズ」、AMDの「Ryzen」などメーカーごとの違いも徹底比較します。...

 

メモリ

CPUが計算処理のためのデータを必要に応じて保存する役割を担っているのがメモリというパーツです。わかりやすく言うとCPUのはたらきを助けるためのパーツです。このメモリの容量が少ないとパソコンの動作が遅くなってしまいます。

学生向けでおすすめなのは「メモリ8GB以上」を搭載したパソコンです。選択肢としては、4GB・8GB・16GB・32GBなどがありますが、これらのうち4GBメモリのパソコンは価格は安いのですが長く使っていくことを考えるとメモリ容量が不足してしまう可能性があります。

8GBであれば通常の用途には十分ですし、CPUと同じように予算に余裕がある場合は16GBを選択すると良いと思います。

メモリに関する詳しい解説はこちら↓

メモリ容量は何GBがベスト?PCメモリの選び方を徹底解説!初心者の方向けにパソコンのメモリの役割や選び方をわかりやすく解説!用途別にどれくらいの容量が必要なのか、メーカーごとの特徴などもご紹介します。...

 

ストレージ

ストレージはパソコンで処理をするデジタルデータを保存する役割を担うパーツです。HDDやSSDなどと呼ばれるパーツがこれに該当し、この中に画像や動画ファイル、アプリケーションやWindowsのシステムファイルなどが保存されています。なのでストレージの容量が大きいほど多くのデータを保存することができるというわけですね。

学生向けでおすすめなのは「SSD」を搭載したパソコンです。SSDは従来のHDDに代わる新型のストレージで、データをやり取りするスピードが速いという特徴があります。SSDを搭載したパソコンは起動やソフトの動作が短縮されるため、より快適にパソコンを使用することができます。

SSDの容量は「240GB以上」がおすすめです。これだけあれば動画などを大量に保存するということがなければ容量が一杯になってしまうということはないと思いますが、余裕を持って購入するなら500GB前後の製品を選択すると良いと思います。

ストレージに関する詳しい解説はこちら↓

HDD?SSD?パソコンのストレージの選び方を徹底解説します!初心者の方向けにパソコンのストレージの役割や選び方をわかりやすく解説!HDDとSSDの違いや新規格のNVMeなど製品ごとの特徴もご紹介します。...

 

 

大学生向けパソコンのよくある質問

Q. パソコンの重量はどれくらいがおすすめ?

A. 大学まで頻繁に持ち運ぶことを考えると1.5kg以下の製品がおすすめ。2kg以上になるとかなり重く感じると思います。軽さを重視する場合大きさは13インチ~14インチの製品が有力な選択肢となります。

Q. WordやExcelなどのオフィスソフトは必要?

A. 大学で使う用のパソコンとして考えているのであればほぼ必須です。ただ、自分で購入しなくても学校のライセンスで使える場合も多いので事前に確認しておきましょう。その場合は学校のID等で自分のパソコンにインストールすることができます。

Q. そこまで高性能じゃなくても大丈夫?

A. 基本的には大丈夫です。大学側も様々な学生が様々なパソコンを使っているという前提なので性能が要求されるような使い方を求めてくることはほとんどありません。ただ、性能が低すぎると普通に使うのにも不便な場合があるので安すぎる製品はあまりおすすめしません。

 

大学生向けのおすすめノートパソコンBest3

学生向けのスタンダードPC【10万円前後】

コストパフォーマンスを重視する場合は10万円前後の製品がおすすめです。大学の授業やビデオ通話など普段使いが基本で複雑な用途には使わない方はこれくらいの価格帯でも十分満足できると思います。

mouse DAIV 4P
マウスコンピューターのCore i7-1165G7搭載、14型ハイスペックノートパソコンです。16GBメモリにNVMe対応SSDと充実の構成で重量は驚きの0.98kg。持ち運びにも便利なモバイルPCとしてもおすすめの一台。
またCPU内蔵の高性能グラフィックス機能、Iris Xeを搭載しているため、普段使いはもちろんライトなゲーミングPCやクリエイターPCとしても使える万能性が大きな魅力です。
画面サイズ14型フルHD+(1920×1200)
CPUCore i7-1165G7
メモリ16GB
グラフィック
Intel Iris Xe グラフィックス
ストレージSSD 512GB(NVMe)
価格153,780円(税込)

製品ページはこちら

ASUS ExpertBook B9
iconicon
14型ノートPCで世界最軽量クラスの870gを実現したASUSの超軽量モバイルノートパソコン。軽いだけではなく、長時間駆動のバッテリーや高い堅牢性など非常に使い勝手の良い製品です。
そして個人的なおすすめポイントは画面の大きさ。一般的な軽量PCは13.3型が多いですが、こちらは画面周りの縁を狭くすることにより14型にまで表示領域を増やしているため画面の見やすさも向上しています。持ち運びユーザーには自信をもっておすすめできる一台です。
画面サイズ14型フルHD
CPUCore i5-10210U
メモリ8GB
ストレージSSD 512GB
価格13万円台~

製品ページはこちらicon

note N1422K-500/T
使い勝手の良いモバイルノートパソコンが欲しいという方はこちらがおすすめ。14型フルHD液晶にCPUはCore i5、メモリ8GBを搭載。本体は軽量アルミ合金を採用したスタイリッシュな外観と1.2kgの軽さが大きな特徴です。
こちらも普段使いからオンライン授業、レポート作成までシーンを選ばずオールマイティに活躍できる一台。10万円の価格設定も魅力的でコスパ重視のユーザーにも有力な選択肢となる製品です。
画面サイズ14型フルHD
CPUCore i5-10210U
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB(NVMe)
価格102,080円(税込)

製品ページはこちら

 

使い勝手の良いハイスペックPC【20万円前後】

予算に余裕がある方は性能に余裕をもたせたハイスペックPCがおすすめ、複数のアプリを使った同時作業などもサクサクこなせる製品や、持ち運びもらくらくの超軽量PCなど機能性に優れた製品をチョイス。

LAVIE Pro Mobile
Core i5搭載で1kgを切る重量の高性能モバイルPC。メモリやストレージの容量などは必要に応じて選べる構成となっています。オプションでDVDドライブも搭載可能。
あらゆる場面で快適に利用可能な性能と本体の軽さ、長時間のバッテリー駆動など総合的に完成度の高い一押しの製品です。SIMカードを用意することで屋外でもネットにつながるモバイル通信が可能なnanoSIMスロット搭載モデルもおすすめ。
画面サイズ13.3型フルHD
CPUCore i5-1135G7
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
価格20万円台~

製品ページはこちら

LIFEBOOK WU-X/E3
iconicon
富士通の一押しはこちらの13.3型世界最軽量ノートパソコンです。Core i5、メモリ8GB搭載で634gと驚異的な軽量化を実現。「軽量化と頑丈さの両立への挑戦」をコンセプトに、薄型軽量モデルの課題だった耐久性も強化され、より実用的な製品へと進化。
とにかく軽さを追求したいという方にはこちらがおすすめ。ストレージやメモリのアップグレードも可能となっています。
画面サイズ13.3型フルHD
CPUCore i5-1135G7
メモリ8GB
ストレージSSD 128GB
価格156,281円(税込)

製品ページはこちらicon

G-Tune E5-165
ミドルクラス~ハイエンドのゲーミングノートが欲しいという方はこちらの製品がおすすめ。CPUにCore i7、メモリ16GB、グラフィックボードにRTX 3060を搭載した高コスパモデルです。
より滑らかな映像を表示できるリフレッシュレート165Hz液晶を採用し、ゲームへの没入度を高めることができます。ノートPCながら細かいパーツ類もカスタマイズ可能となっています。
画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i7-10870H
メモリ16GB
グラフィックGeForce RTX 3060 Laptop GPU
ストレージSSD 512GB(NVMe)
価格179,800円(税込)

製品ページはこちら

 

 

学割で購入できるメーカー

最後に、オンラインショップで大学生を対象とした学割が適用できるメーカーをご紹介します。通常価格より安く購入できることもあるため、ぜひチェックしておきましょう。

NEC

無料の会員登録をすることで学生限定の優待販売ページへログインし、クーポンを受け取ることができます。NECの学割では、製品によって異なりますが通常購入より5%程度お得に購入できるため学生の方はぜひ登録しておきましょう。

NEC 学割キャンペーンの詳細を見る

 

富士通

富士通では学割キャンペーンで学生向け特別クーポンを受け取ることができます。これらの割引に加え、入学から就活まで4年間をサポートする「メーカー4年保証」を搭載した学生向け限定モデルなど学生向けのサービスが充実しています。

富士通 学割キャンペーンの詳細を見るicon

 

Lenovo

レノボでは小学校から大学までの学生に加え、その保護者の方も利用できる学割キャンペーンが用意されています。こちらも学割クーポンで通常価格よりお得に購入することができるようになっています。

Lenovo 学割キャンペーンの詳細を見る

 

HP(ヒューレット・パッカード)

HPでは学割キャンペーンに登録することで通常価格より最大8,000円割引で購入することができます。対象となる学生も幅広く、サポートやアクセサリーも特別価格となるためお得感の強いキャンペーンとなっています。

HP 学割キャンペーンの詳細を見るicon

 

 

まとめ

・大学生はオンライン授業やレポートなどパソコンを使う機会が多い

・CPUはCore i5・Ryzen5以上、メモリは8GB以上、ストレージはSSDを選ぶ

・10万円前後の製品が高コスパでおすすめ

というわけで、今回は大学生におすすめのノートパソコンについてお話をさせていただきました。パソコンを購入される際の一つの参考にしていただければ幸いです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

サイト内コンテンツ一覧