パソコンの選び方

ゲーミングPCの選び方とおすすめパソコンを徹底解説します!

最近では競技としてコンピューターゲームの対戦を行うe-Sportsが盛り上がりを見せゲーミングPCの人気も年々高まっています。メーカー各社がゲーミングPCのラインナップを拡充させていますが、その反面パソコン初心者の方にとってはどの製品を選んだら良いかわからないということもあるかと思います。

そこで今回はゲーミングPCの購入を検討されている方向けに、製品の選び方とおすすめパソコンについて解説していきます。

ゲーミングパソコンとは

その名の通りPCゲーム用に性能を特化したパソコンのことです。一般向けパソコンとの違いは、高度な映像処理を行うためのグラフィックボードというパーツを搭載しているという点。

PCゲームは家庭用ゲームとは違いパソコンさえあれば遊べるというわけではなく、ある程度の水準を満たした性能のパソコンが必要となります。性能が足りていないとパソコン内部での処理が追いつかず、ゲームの映像がカクカクになったり、画面が止まってフリーズしてしまうということが起こってしまいます。

とはいえ、よほどのコアユーザーでない限りパーツ構成を一つ一つ自分で見極めるというのは難しいですよね。そこであらかじめゲームをプレイするためのスペックを満たした製品をゲーミングPCと位置づけ各社から販売されているという形になっています。

 

ゲーミングパソコンのメリット

ゲームで高いパフォーマンスを発揮できる

ゲームをプレイするということを前提で作られているため、CPUやグラフィックボードの性能はもちろん、PC内部の冷却性や高負荷時の安定性などゲームプレイ時に高いパフォーマンスが発揮できるような設計となっています。

実際PCゲームでは性能の差によって対戦で不利になってしまうということも多々あるため、快適なゲーム環境を求める方向けの製品と言えます。

幅広いカスタマイズが可能

CPUやグラフィックボード、ストレージなどパーツごとに構成を変更することができ、予算や用途に応じて自分好みのマシンを組むことができます。また購入後にパーツを増設するための拡張性なども高く、総じてユーザーの自由度が高い製品となっています。

あまり難しいことがわからないという場合はもちろんカスタマイズせずに標準構成のまま購入することも可能です。

デザイン性が高い

ゲーミングPCのケースは普通のパソコンと比べてスタイリッシュなデザインで、外観にもこだわっている製品が非常に多いです。

ケースにLEDのイルミネーション機能が搭載されていたり、サイドパネルがガラス張りで内部が見える構造になっていたりと見た目でも楽しめる製品になっています。メーカーによって様々なバリエーションがあり、特別な仕様を感じられる点は魅力的です。

 

ゲーミングPCの価格帯について

【7~10万円】ライトユーザー向けのエントリーモデル

ゲーミングPCで一番安い価格帯がこのあたりです。エントリーモデルとはいえ一般向けPCよりは遥かにハイスペックなので、最新のゲームでも画質の設定を落とせば十分プレイ可能。カジュアルにゲームを楽しみたいという方や初めてゲーミングPCを購入するという方におすすめの価格帯です。

【10~15万円】ワンランク上のミドルゲーマー向け

予算が潤沢にあるわけではないけどできるだけ性能も妥協したくないという方におすすめの価格帯。大抵のゲームはフルHDの高画質設定でもプレイ可能なスペックを備えています。性能と価格のバランスが取れた中間グレードなので、コストパフォーマンスも高く万人向けのクラス。

【15~20万円】性能重視のコアゲーマー向け

フルHDの最高画質や4K解像度で余裕を持ってゲームを楽しみたいというコアユーザー向けの価格帯。このクラスであればよほどのことがない限り性能面で不足を感じることはないと思います。動画編集などゲーム以外の用途にも使いたいという方もこのあたりの製品がおすすめ。

【20万円以上】最高のパフォーマンスを追求する人向け

20万円を超える製品になると、現行機種の中でも最高クラスの性能を持ったマシンになってきます。4Kでの最高画質設定や要求スペックの高い最新ゲームなども快適にプレイ可能です。ゲーム環境において一切妥協したくないというこだわりを持ったユーザーの方におすすめのハイエンドモデルとなります。

 

ゲーミングPCの選び方

基本的には先程挙げた価格帯で大まかに判断していただいて問題ありませんが、同じような価格で製品によってパーツ構成が違うということも多々あります。そうした際の判断基準としてここからはより具体的なゲーミングPCの選び方についてパーツごとに解説していきます。

CPUはここをチェック!

CPUはの種類は大きく分けて3つで、価格の安い廉価グレードの「Celeron」と、マルチコアCPUの「Core」、「Ryzen」があります。が、ゲーム用途にCeleronでは性能不足のためゲーミングPCではCPUはCore i5・Ryzen5以上が基本となります。

型番によって細かな性能の違いはありますが、ゲーミングPCではCore i5・Ryzen5がエントリークラス、Core i7・Ryzen7がミドルクラス、Core i9・Ryzen9がハイエンドという位置づけになります。なので価格重視の場合はCore i5~i7・Ryzen5~7、スペック重視の場合はCore i9・Ryzen9を選ぶというイメージです。

CPUについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

パソコンのCPUとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのCPUの役割や選び方をわかりやすく解説!インテルの「Core iシリーズ」、AMDの「Ryzen」などメーカーごとの違いも徹底比較します。...

グラフィックボードはここをチェック!

グラフィックボードは型番によって性能が異なるためまずは現行グラボの早見表を掲載します。

NVIDIAAMD単体の価格
RTX 3090200,000円~
RTX 3080100,000円~
RTX 307070,000円~
RTX 208085,000円~
RTX 207045,000円~
RTX 2060RX 570035,000円~
GTX 1660RX 5600 XT20,000円~
GTX 1650RX 5500 XT15,000円~

基本的には価格が上がるほど高性能となりますが、今からハイエンドのデスクトップゲーミングPCを購入する場合は新製品のRTX 3000番台をおすすめします。前世代のものに比べて性能が格段に向上していますし、コストパフォーマンスも非常に高いです。

高コスパRTX3080搭載のおすすめゲーミングPCはこちら↓

【メーカー別】RTX3080搭載のおすすめゲーミングPCを徹底比較!NVIDIAの新型グラフィックボードRTX3080搭載のおすすめPCを徹底比較!旧型を圧倒するコストパフォーマンスの高さで魅力的な製品を多数ピックアップしています。...

エントリークラスの製品を購入したいという方はGTX1600番台がおすすめ。圧倒的に価格が安く10万円を切る値段でゲーミングPCを購入することができます。

グラフィックボードについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

グラフィックボードとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのグラフィックボードの役割や選び方をわかりやすく解説!NVIDIAの「GeForce」、AMDの「Radeon」などメーカーごとの違いも比較します。...

メモリはここをチェック!

ゲーミングPCの場合メモリ容量は8GB以上が基本となります。

大まかな目安としては、エントリークラスで8GB、ミドルクラスで16GB、ハイエンドで32GBとなりますが、個人的な意見としては16GB以上あれば大抵のゲームで不足することはないため、ハイエンドモデルでも他のパーツにお金をかけたいという場合は16GBでOKです。

メモリについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

メモリ容量は何GBがベスト?PCメモリの選び方を徹底解説!初心者の方向けにパソコンのメモリの役割や選び方をわかりやすく解説!用途別にどれくらいの容量が必要なのか、メーカーごとの特徴などもご紹介します。...

ストレージはここをチェック!

次に、データを保存するストレージの種類ですが、こちらはHDDとSSDの2つがあります。SSDの方が新しい規格でパソコンの動作が速くなるため、よほどの理由がなければSSDをおすすめします。

また、SSDの中でも性能をさらに高速化させたNVMe SSDを選ぶとより読み書きが速くなるため、できるだけパフォーマンスを高めたいという方はSSDがNVMeに対応しているか確認しておきましょう(対応の場合メーカーの仕様表に記載があります)。

ストレージの容量は、エントリークラスで250GB以上、ミドルクラスで500GB~1TB、ハイエンドの場合は1TB以上を選択しておきましょう。

ストレージについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

HDD?SSD?パソコンのストレージの選び方を徹底解説します!初心者の方向けにパソコンのストレージの役割や選び方をわかりやすく解説!HDDとSSDの違いや新規格のNVMeなど製品ごとの特徴もご紹介します。...

おすすめゲーミングパソコンBest3

ノートパソコン

G-GEAR N1547K-700/T
ツクモのゲーミングPCブランド「G-GEAR」のハイスペックノートパソコン。Core i7にグラフィックボードを搭載し、動画編集から3Dゲームまで幅広くこなせる万能型の製品です。
狭額ベゼルの液晶モニターを採用し表示領域が広くなっているため、画面がすっきりとまとまりスタイリッシュな外観も好印象。価格もお手頃でPCゲーム入門機としてもおすすめの一台。
画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i7-10750H
メモリ8GB
グラフィック
GeForce GTX1650
ストレージSSD 250GB(NVMe)
価格120,780円(税込)

製品ページはこちら

FRONTIER XNMシリーズ
ノートPCとしては非常に高い性能を誇るグラフィックボードGeForce RTX 3060を搭載したFRONTIERのゲーミングノートです。CPUは上位グレードのCore i7-10870Hで性能重視のユーザーも納得の構成。
他にもM.2 NVMe対応の高速SSD、144Hzの高リフレッシュレートに対応した15.6型液晶、バックライトキーボードなど便利な機能も満載で満足度の高いハイスペックノートパソコンとなっています。
画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i7-10870H
メモリ8GB ~ 32GB
グラフィック
GeForce RTX 3060 Laptop GPU
ストレージSSD 512GB ~ 1TB(NVMe)
価格169,800円 ~ 189,800円(税込)

製品ページはこちら

G-Tune E5-165
ミドルクラス~ハイエンドのゲーミングノートが欲しいという方はこちらの製品がおすすめ。CPUにCore i7、メモリ16GB、グラフィックボードにRTX 3060を搭載した高コスパモデルです。
より滑らかな映像を表示できるリフレッシュレート165Hz液晶を採用し、ゲームへの没入度を高めることができます。ノートPCながら細かいパーツ類もカスタマイズ可能となっています。
画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i7-10870H
メモリ16GB
グラフィックGeForce RTX 3060 Laptop GPU
ストレージSSD 512GB(NVMe)
価格179,800円(税込)

製品ページはこちら

デスクトップパソコン

G-Tune XM-B
コストパフォーマンスの高いゲーミングPCが欲しいという方はこちらの製品がおすすめ。CPUはCore i7、メモリ16GB、グラフィックボードには新型のRTX 3070を搭載した人気モデルです。
RTX 3070は以前の同価格帯の製品と比べて非常に性能が高く、最新ゲームも快適にプレイすることができます。ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで幅広くおすすめの一台。
CPUCore i7-10700
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)+ HDD 2TB
グラフィックGeForce RTX 3070
価格197,780円(税込)

製品ページはこちら

G-GEAR GA7A-H203/XT2
ツクモでデスクトップゲーミングPCを買うならこちらのモデルがおすすめ。新型の「Ryzen 7」に最新グラボのGTX RTX 3070、メモリ16GBと充実の構成で税込22万円と非常にコストパフォーマンスの高い製品となっています。
もっと性能を上げたいという方はパーツをアップグレードすることもできますし、逆に予算を抑えたいという場合はダウングレードも可能。自分好みに構成を変更できる自由度の高さもおすすめポイントです。
CPURyzen 7 3700X
メモリ16GB
グラフィックGeForce RTX 3070
ストレージSSD 500GB(NVMe)
価格219,800円(税込)

製品ページはこちら

G-Tune PL-B
コストパフォーマンス重視のゲーマーの方にはこちらの製品がおすすめ。 Core i5にGTX 1650 SUPERを搭載した省スペースのミニタワーゲーミングPCです。ハンドル付属のケースや底面メッシュカバーなど使い勝手も○。
10万円を切る価格帯のゲーミングPCとしては非常に優秀で、初めてゲーミングPCを購入するというカジュアルユーザーにもイチオシの製品です。
CPUインテル Core i5-10400
メモリ8GB
グラフィック
GeForce GTX 1650 SUPER
ストレージSSD 256GB(NVMe)
価格98,780円(税込)

製品ページはこちら

まとめ

・ゲーミングPCはデザイン性が高く、様々なパーツのカスタマイズが可能

・CPUはCore i5・Ryzen5以上、メモリは8GB以上、ストレージはSSDを選ぶ

・7~8万円から購入可能で、ハイエンドモデルでは20万円以上のものも

というわけで、今回はゲーミングPCの選び方とおすすめパソコンについてお話をさせていただきました。パソコンを購入される際の一つの参考にしていただければ幸いです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

サイト内コンテンツ一覧