パソコンの選び方

【2021】最新のおすすめゲーミングパソコン20選!用途別に紹介します

このページでは、最新のおすすめゲーミングパソコン20選を用途別に紹介します。各メーカーから評価の高い人気の製品を厳選して紹介していますので、きっとお気に入りの製品が見つかるはず。

また、パーツごとの選び方についても記事の後半で詳しく解説していますので、「パソコンの選び方がよくわからない」という方はこちらも参考にしていただければと思います。

万人向けのおすすめゲーミングパソコン

PCゲーム初心者のライトゲーマーからこだわり派のコアゲーマーまで幅広くおすすめできるゲーミングPCをピックアップ。機能性の高さはもちろん。価格と性能のバランスを加味したコストパフォーマンスの高い製品が揃っています。

マウスコンピューター 「G-Tune HM-B-3060Ti」

マウスコンピューターのおすすめゲーミングデスクトップPCです。CPUに上位グレードのCore i7、メモリ16GBを装備し、グラフィックボードはGeForce RTX 3060 Tiを搭載。価格は20万円を切る19.7万円と非常にコストパフォーマンスの高い製品です。

エアフローと冷却効率を重視したケース設計で最大限のパフォーマンスを引き出し、ゲームプレイから動画配信まで多様な用途に活用できる万能型の一台。必要に応じてメモリやストレージのアップグレードはもちろん、カスタマイズで水冷CPUクーラーも搭載可能となっています。

CPUCore i7-10700F
メモリ16GB
グラフィックGeForce RTX 3060 Ti
ストレージSSD 512GB(NVMe)
価格197,780円(税込)

製品ページはこちら

 

TSUKUMO「G-GEAR GA7J-G212/T」

ツクモの最新ミドルタワーゲーミングパソコンです。CPUにCore i7、メモリ16GB、グラフィックボードにはRTX 3070 Tiを搭載し、ストレージは1TB SSD。ミドルクラスゲーミングPCの中でもワンランク上のスペックを備えた製品となっています。

価格は23.9万円で同スペックの製品と比べるとトップクラスのコストパフォーマンスを実現。また、独自の特徴としてM.2ヒートシンクを搭載したマザーボードが標準装備となっているなど細かい部分まで高品質を意識した構成になっている点も嬉しいポイントです。

CPUCore i7-11700
メモリ8GB
グラフィックGeForce RTX 3070 Ti
ストレージSSD 1TB(NVMe)
価格239,800円(税込)

製品ページはこちら

 

FRONTIER「FRGH570/SG1」

ゲーミングパソコンを中心に展開しているPCメーカーFRONTIERのミドルクラスデスクトップパソコンです。CPUにCore i7、メモリ16GB、グラフィックボードGeForce
RTX 3060に加えSSDとHDDのデュアルストレージを採用している点も大きなポイント。

エアフロー性能とデザイン性に優れたプレミアムタワーケースは前面と背面に大型ファンを搭載し、筐体側面には内部のパーツが見える強化ガラスを装備。スタイリッシュな外観は見た目にこだわりたいデザイン重視のユーザーも納得の一台です。

CPUCore i7-11700KF
メモリ16GB
グラフィックGeForce RTX 3060
ストレージSSD 512GB(NVMe)+ HDD 1TB
価格209,800円(税込)

製品ページはこちら

 

マウスコンピューター「G-Tune E5-165」


マウスコンピューターが展開しているゲーミングPCブランド「G-Tune」のハイスペックゲーミングノートです。滑らかな映像が表示できるリフレッシュレート165Hz対応の液晶パネルや打ちやすい広めのキーボード配置など快適なゲーム環境にこだわった一台。

スペックはCPUにCore i7、メモリ16GB、SSD 512GBに加え、新型ミドルクラスグラフィックボードのRTX 3060 Laptop GPUを搭載。解像度はフルHDを大幅に上回るWQHD(2560×1440)対応で価格は20.8万円。幅広いユーザーにゲーミングPCの定番としておすすめできるコスパの高い製品です。

画面サイズ15.6型フルHD+(2560×1440)
CPUCore i7-10870H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 3060 Laptop GPU
重量1.73kg
価格208,780円(税込)

製品ページはこちら

 

Lenovo「Legion 750i」


ミドルクラスのゲーミングノートで高い人気を誇るLenovoのゲーミングPCブランド「Legion」のフラッグシップモデルです。解像度はフルHDと標準的ながらリフレッシュレートは最大240Hzに対応。また効率的な冷却性能でゲームのパフォーマンス向上を実現しています。

スペックはCPUにCore i7、メモリ16GB、SSD 1TBにグラフィックボードのRTX 2060を搭載。バランスの取れた構成で価格は20.4万円となっています。特徴的なデザインも相まってゲーミングPCらしい製品が欲しいという方にもおすすめ。

画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i7-10750H
メモリ16GB
ストレージSSD 1TB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 2060
重量2.25kg
価格204,244円(税込)

製品ページはこちら

 

 

エントリークラスのおすすめゲーミングパソコン

カジュアルなゲームプレイにおすすめのエントリークラスゲーミングPCをピックアップ。価格もリーズナブルなのでライトゲーマーやPCゲーム初心者におすすめ。

パソコン工房「LEVEL-M0P5-R535-RXX」

iconicon
パソコン工房のゲーミングPCブランド「LEVEL∞」のミニタワー高コスパモデル。CPUにRyzen5、グラフィックボードはGTX 1660 Tiを搭載し、メモリ16GB、SSD 500GBとエントリークラスながら性能面でも十分余裕のある構成となっています。

電源ボタンやUSB端子等のインターフェースが後部と前側面にまとめられているのが大きな特徴で、コンパクトな本体も相まって場所を取らない取り回しの良さが好印象。価格は12.5万円とゲーミングPCの中では最安値クラス。ゲーミングPC最初の1台としてもおすすめの製品です。

CPURyzen 5 3500
メモリ16GB
グラフィックGeForce GTX 1660 Ti
ストレージSSD 500GB(NVMe)
価格125,980円(税込)

製品ページはこちらicon

 

Lenovo「Legion T550i」


グラフィックボードを搭載したゲーミングPCをできるだけ安く買いたいという方におすすめの製品がこちら。レノボのゲーミングデスクトップモデルです。CPUにCore i5、メモリ8GB、SSDとHDDのデュアルストレージにグラフィックボードはGeForce GTX 1650 Superを搭載。

これだけ充実の構成で価格はなんと11.2万円。エントリークラスの製品の中でも最も安価な製品と言っても良いと思います。「とにかく一番安いゲーミングPCが欲しい!」という方はぜひこちらの製品を検討されてみてはいかがでしょうか。

CPUCore i5-10400
メモリ8GB
グラフィックGeForce GTX 1650 Super
ストレージSSD 256GB + HDD 1TB
価格112,248円(税込)

製品ページはこちら

 

パソコン工房「LEVEL-M056-114-RBX」

iconicon15万円前後で高性能なゲーミングPCが欲しいという方におすすめなのがこちら。パソコン工房のミニタワーデスクトップモデルです。CPUにCore i5、メモリ16GB、SSD 500GB、グラフィックボードにはミドルクラスの高性能グラボとして人気のRTX 3060を搭載しています。

ほぼミドルクラス相当のスペックを備え価格は15万円と非常にお買い得。一般的なエントリークラスのモデルからプラス2~3万円で購入できるため、できるだけリーズナブルな製品が良いけど性能も妥協したくないという方にイチオシです。

CPUCore i5-11400
メモリ16GB
グラフィックGeForce RTX 3060
ストレージSSD 500GB(NVMe)
価格150,980円(税込)

製品ページはこちらicon

 

マウスコンピューター「G-Tune P5-144」

価格重視でエントリーからミドルクラスのゲーミングノートパソコンが欲しいという方はこちらの製品がおすすめ。マウスコンピューターのスタンダードノートモデルです。CPUにCore i7、メモリ16GB、SSD 512GBを搭載し、グラフィックボードはGTX 1650 Tiを採用。

価格は15.9万円とお手頃で、使い勝手の良いゲーミングノートとして幅広いユーザーにおすすめ。また、8.5時間の長時間駆動やなめらかな映像表示ができるリフレッシュレート144Hzにも対応しているなど機能性の高さも魅力の一台です。

画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i7-10750H
メモリ16GB
グラフィックGeForce GTX 1650 Ti
ストレージSSD 512GB
重量2.01kg
価格159,280円(税込)

製品ページはこちら

 

ASUS「TUF Dash F15 FX516PC」

iconiconノートPCでできるだけリーズナブルにゲームを楽しみたいという方にはこちらの製品がおすすめ。ASUSのライトゲーマー向けゲーミングノートPCです。ゲーム向けのエントリークラスとはいえ一般のハイスペックPCと遜色ない性能なので、日常使いとゲームの兼用PCとしても満足度の高い一台。

スペックはCPUにCore i5、メモリ8GB、SSD 512GBにグラフィックボードは廉価グレードのRTX 3050を搭載し、価格は13.9万円でゲーミングノートとしてはほぼ最安値クラス。グラフィック設定を少し落とせば最新の3Dゲームも十分楽しめるため、PCゲーム入門機に最適です。

画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i5-11300H
メモリ8GB
ストレージSSD 512GB
グラフィックGeForce RTX 3050
重量2.1kg
価格139,800円(税込)

製品ページはこちらicon

 

ハイエンドのおすすめゲーミングパソコン

性能を重視するコアゲーマーの方におすすめの製品をピックアップ。最新の3Dゲームを快適にプレイできるのはもちろん、動画編集などのクリエイティブ用途にも最適です。

マウスコンピューター「G-Tune EP-Z」

水冷クーラーを搭載したマウスコンピューターのハイスペックゲーミングPCです。CPUにはCore i9、メモリ32GB、SSDとHDDのデュアルストレージに加え、グラフィックボードにはRTX 3080を搭載した製品となっています。

価格は37.3万円とハイエンド機だけあって少々お高めですが、このスペックで考えるとかなり満足度の高い構成になっています。4Kでの快適なゲームプレイやゲーム配信、映像編集でのマルチタスクなど幅広い用途で活用できる一台です。

CPUCore i9-11900K
メモリ32GB
グラフィックGeForce RTX 3080
ストレージSSD 1TB(NVMe)+ HDD 4TB
価格373,780円(税込)

製品ページはこちら

 

パソコン工房「LEVEL-R959-LC119-XAX」

iconicon

最高のゲーム環境を求めてさらなる高みを目指す方にはこちらの製品がおすすめ。パソコン工房のハイエンドゲーミングPCです。CPUにCore i9、メモリ16GB、SSD 1TB、グラフィックボードは最上位グレードのRTX 3090を搭載。メモリやストレージは必要に応じてアップグレードも可能です。

CPU、グラフィックボードともに最高クラスのスペックを誇る製品を搭載しながら価格は40.9万円とかなり抑えられておりコアユーザーも納得の一台。シンプルながら迫力のあるスタイリッシュな外観も大きな魅力です。PC関連のあらゆる用途を快適にこなせること間違いなし。

CPUCore i9-11900
メモリ16GB
グラフィックGeForce RTX 3090
ストレージSSD 1TB(NVMe)
価格409,880円(税込)

製品ページはこちらicon

 

TSUKUMO「G-GEAR GA9J-J211/ZT」

30万円前後でハイスペックPCが欲しいという方にはこちらの製品がおすすめ。ツクモのミドルタワーゲーミングPCです。CPUにはCore i9、メモリ8GB、SSD 1TBにグラフィックボードはRTX 3070を搭載した製品です。

CPUは最上位グレード、グラフィックボードはミドルクラスの構成となっているので、CPUに負荷がかかるマルチタスクなどゲーム以外の用途でも最大限性能を発揮することができます。価格は29.9万円で、個別パーツのアップグレードやダウングレードも可能。

CPUCore i9-11900K
メモリ32GB
グラフィックGeForce RTX 3070
ストレージSSD 1TB(NVMe)
価格299,800円(税込)

製品ページはこちら

 

マウスコンピューター「G-Tune H5」


ノートPCでハイスペック機が欲しい方におすすめの製品がこちら。マウスコンピューターのハイスペックゲーミングノートです。滑らかな映像が表示できるリフレッシュレート240Hz対応の液晶パネルやテンキーを搭載したキーボード配置など快適なゲーム環境にこだわった一台。

スペックはCPUにCore i7、メモリ16GB、SSD 512GBに加え、グラフィックボードはノートPC向け上位グレードのRTX 3070 Laptop GPUを搭載。価格は26.3万円とコストパフォーマンスも高く、幅広いユーザーに高性能ゲーミングノートの定番としておすすめできる製品です。

画面サイズ15.6型フルHD
CPUCore i7-11800H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 3070 Laptop GPU
重量2.23kg
価格263,780円(税込)

製品ページはこちら

 

パソコン工房「LEVEL-17FG104-119K-VAZX」

iconノートPCでも性能に妥協したくないという方にはこちらがおすすめ。iconパソコン工房のハイエンドゲーミングPCです。17.3インチと大型の液晶に、最上位グレードのパーツをこれでもかと詰め込んだ圧倒的なハイスペック機となっています。リフレッシュレートは144Hzに対応。

スペックは、CPUにCore i9、メモリ32GB、SSD 1TBにグラフィックボードはノートPC向けで最上位グレードのRTX 3080を搭載。価格もその分お高めですが、最高のゲーム環境を求めるコアゲーマーには間違いなくおすすめできる製品です。

画面サイズ17.3型フルHD
CPUCore i9-11900K
メモリ32GB
ストレージSSD 1TB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 3080
重量4.7kg
価格420,178円(税込)

製品ページはこちらicon

 

 

持ち運びに便利!1kg以下のおすすめ軽量ゲーミングノート

持ち運びに便利なノートPCでゲームを楽しみたいという方はCPU内蔵グラフィックス機能「Iris Xeグラフィックス」を搭載した製品がおすすめ。グラフィックボードを載せない分PC本体を軽量化でき、カジュアルな3Dゲームを十分プレイできる描画性能を備えているためライトゲーマーの方にイチオシです。

マウスコンピューター 「DAIV 4P」

マウスコンピューターの高コスパおすすめノートPCです。CPUに上位グレードのCore i7、メモリ16GBを装備し、価格は15.3万円と非常にコストパフォーマンスの高い製品です。また最新グラフィック機能のIris Xeも搭載されているためゲームや動画編集なども十分こなせる万能スペック。

本体は14型で解像度はフルHDを超えるWUXGA(1920×1200)となっている点も嬉しいポイント。それでいて重量は1kgを切る985gと持ち運びにも最適です。クリエイター向けの位置づけとして発売されている製品ですが、ゲーミング用途にも自信を持っておすすめできる完成度の高いモデルです。

画面サイズ14型フルHD+(1920×1200)
CPUCore i7-1165G7
メモリ16GB
グラフィック
Intel Iris Xe グラフィックス
ストレージSSD 512GB(NVMe)
重量0.98kg
価格153,780円(税込)

製品ページはこちら

 

Lenovo「Yoga Slim 750i Carbon」


軽量性と堅牢性を兼ね備えた13.3型のモバイルPCです。高精細WQXGA(2560×1600)液晶を搭載し、重量は966gと1kgを切る軽量化を実現。また本体の厚さは約14mmと薄型で、高級感のあるホワイトカラーなどデザイン面も魅力の製品となっています。

スペックは標準モデルでCore i5、メモリ8GB、SSD 512GBにIris Xe グラフィックスを搭載。ミドルクラスのモバイルノートパソコンとして過不足のないバランスの取れた構成で、価格は12万円台とコストパフォーマンスも高く幅広い用途でおすすめできる一台。

画面サイズ13.3型フルHD+(2560×1600)
CPUCore i5-1135G7
メモリ8GB
グラフィックIntel Iris Xe グラフィックス
ストレージSSD 512GB(NVMe)
重量0.96kg
価格126,742円(税込)

製品ページはこちら

 

FRONTIER「NSCシリーズ」

9.6時間の長時間バッテリーを備えたFRONTIERの軽量ゲーミングノートです。本体重量は922gとトップクラスの軽量化を実現し、液晶モニターは180度の開閉に対応するなど機能性の高さが光る完成度の高い製品となっています。

スペックはCore i7、メモリ16GB、SSD 512GBに加え、グラフィック機能はCPU内臓の「Iris Xe グラフィックス」を搭載。価格は12.9万円とこのスペックであればかなりお得感があり、ライトユーザーに自信を持っておすすめできる一台。

画面サイズ14型フルHD
CPUCore i7-1165G7
メモリ16GB
グラフィックIntel Iris Xe グラフィックス
ストレージSSD 512GB(NVMe)
重量0.92kg
価格129,800円(税込)

製品ページはこちら

 

パソコン工房「SENSE-14FH057-i7-UXDX-CSP」

iconiconクリエイター向けノートで1kgを切る製品が欲しいという方にはこちらの製品がおすすめ。パソコン工房の14型軽量ノートパソコンです。カタログではクリエイター向けとなっていますがスペックはゲーミングと同等なのでもちろんゲーム用としてもOK。

スペックはCore i7、メモリ16GB、SSD 250GBを搭載。価格は12.0万円とこちらもリーズナブルな設定。本体重量は980gと持ち運びもラクラクでなのでパソコンを持ち出した先で動画編集やゲームをしたいというユーザーにピッタリです。

画面サイズ14型フルHD
CPUCore i7-1165G7
メモリ16GB
グラフィックIntel Iris Xe グラフィックス
ストレージSSD 250GB(NVMe)
重量0.98kg
価格120,980円(税込)

製品ページはこちらicon

 

富士通「LIFEBOOK WU-X/E3」

iconicon国内の大手PCメーカー富士通の13.3型世界最軽量ノートパソコンです。年々軽さを追求している富士通の同シリーズですが、今回のモデルではなんと本体重量634gを実現。もはやタブレットと同レベルの軽さとなっているため、とにかく一番軽いパソコンがほしいという方には最もおすすめの製品です。

スペックはCore i5、メモリ8GB、SSD 128GBとオーソドックスな構成で、価格も14.2万円とまずまず。一昔前はこの手のメーカー製PCは20万円超えが当たり前だったのに比べるとかなり手を出しやすい価格設定となっています。スペック面をもう少し充実させたいという方はCPUやメモリのアップグレードにも対応しているため必要に応じて選択することができます。

画面サイズ13.3型フルHD
CPUCore i5-1135G7
メモリ8GB
グラフィックIntel Iris Xe グラフィックス
ストレージSSD 128GB
重量0.63kg
価格142,634円(税込)

製品ページはこちらicon

 

 

パーツの選び方

CPU

パソコンの基本的な性能を決める重要パーツです。現在は大きく分けてインテル社のCoreシリーズとAMD社のRyzenシリーズが販売されていて、型番ごとに性能が異なります。

ゲーミングPC価格重視バランス重視性能重視
CPUCore i5・Ryzen 5 以上Core i7・Ryzen 7 以上Core i9・Ryzen 9 以上

細かく調べるのが面倒という方はざっくりと上記のようなイメージで大丈夫です。

ゲーミングPCの場合は最低でもCore i5・Ryzen 5以上を選択することをおすすめします。それより下のグレードになってしまうと最新の3Dグラフィックを用いたゲームは画質設定を下げてもかなり厳しくなってしまいます。

また、CPUがある程度の性能を持っていないとグラフィックボードの性能を引き出すこともできないため、ゲーム用途であればそれなりのCPUを積んでおきましょう。

CPUに関する詳しい解説はこちら↓

パソコンのCPUとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのCPUの役割や選び方をわかりやすく解説!インテルの「Core iシリーズ」、AMDの「Ryzen」などメーカーごとの違いも徹底比較します。...

メモリ

メモリは、パソコンの中で一時的にデータを記憶する領域として用いられ、メモリ容量が大きいと複数のアプリケーションを同時に開いた場合でも快適な動作を行うことができるようになります。

ゲーミングPC価格重視バランス重視性能重視
メモリ8GB 以上16GB 以上32GB 以上

ゲーミング仕様のPCであれば基本的にどの製品もメモリ8GB以上は搭載されていると思いますので、ここが最低ラインとなります。ゲーム+動画や配信など他のアプリケーションも同時に起動したいという場合は16GB以上を推奨します。32GB以上あればほとんどの用途でメモリ不足になることはありませんが、逆に言えばコアユーザー以外はそこまで求める必要はあまりないかも。

ストレージ

HDDやSSDと呼ばれるパーツで、アプリケーションのデータファイルや写真、動画、音楽などのメディアファイルを保存しておく場所のことです。容量は当然大きいほうがより多くのデータを保存することができます。

また、Windowsなどのオペレーティングシステムもこちらのストレージにインストールされるため、ストレージの種類によってパソコンやアプリケーションの起動速度が変わります。

ゲーミングPC価格重視バランス重視性能重視
ストレージHDDSSDSSD(NVMe)

従来の規格であるHDDと新型ストレージのSSDでは体感でも動作速度にかなりの違いが出るため、基本的にはSSDを推奨します。ゲームの場合ストレージの速度は起動や読み込みのスピードに直結するので、最大限高速化をしたいという方はNVMe接続のSSDを選択するとさらなるスピードアップが見込めます(NVMe接続の場合はメーカーのスペック表等に明記されています。特に表記がない場合は通常のSSDとなります)。

容量に関してはゲーミングPCの場合500GB以上を推奨します。SSDは容量が増えるにつれて高額になってくるので、価格を抑えたい場合はSSD250GB+HDD1TBのデュアルストレージなどを選択するのもあり。

グラフィックボード

ゲームや3DCG、動画編集など画像・映像関係の処理を行う場合に必要となるパーツです。基本的には高額になるほど性能も上がります。現在はNVIDIA社とAMD社がそれぞれグラフィックボードの生産を行っています。

必要なパーツのグレードは用途によって異なりますが、PCゲームをプレイしたい場合はそのゲームの推奨環境、動画編集を行いたい場合は編集ソフトの動作環境などを確認した上で条件を満たすグラフィックボードを選択するようにしましょう。

下記に現行グラボの早見表を用意したので、必要に応じて参考にしてください。基本的には価格が上がるほど性能が高くなります。

NVIDIAAMD単体の価格
RTX 3090RX 6900 XT200,000円~
RTX 3080RX 6800 XT100,000円~
RTX 3070RX 680070,000円~
RTX 306060,000円~
RTX 2080RX 6700XT85,000円~
RTX 2070RX 5700XT45,000円~
RTX 2060RX 570035,000円~
GTX 1660RX 5600 XT20,000円~
GTX 1650RX 5500 XT15,000円~

また、具体的にどの程度性能が変わるのか気になる方も多いと思いますので、いくつかのグラフィックボードでどれくらいのゲームが動くのかベンチマーク結果を記載します(Core i7使用時)。

GeForce RTX 3090(ハイエンド)

ゲームタイトル解像度画質設定フレームレート
ファイナルファンタジー153840×2160高品質81~84fps
フォートナイト3840×2160最高設定180~187fps
Apex Legends3840×2160高設定164~172fps

GeForce RTX 3070(ミドルクラス)

ゲームタイトル解像度画質設定フレームレート
ファイナルファンタジー153840×2160高品質54~58fps
フォートナイト3840×2160最高設定117~123fps
Apex Legends3840×2160高設定122~132fps

GeForce GTX 1650(エントリークラス)

ゲームタイトル解像度画質設定フレームレート
ファイナルファンタジー151920×1080高品質35~40fps
フォートナイト1920×1080最高設定58~62fps
Apex Legends1920×1080高設定51~59fps

フレームレートとは?
1秒間に何枚の画像を表示できるかを示す値です。fps(frames per second)という単位が用いられます。この値が大きいほど映像がなめらかになり、低いほどカクカクになります。ゲームでは一般的に30fpsがプレイできる最低ライン、60fpsが快適にプレイできるラインとされます。

Iris Xeグラフィックス(CPU内蔵)

インテルの第11世代Coreプロセッサ「Core i7-1165G7(1185G7)」や「Core i5-1135G7」などに搭載されているCPU内蔵型のグラフィックスエンジンです。これらのCPUはグラフィック機能が強化されており、従来のグラフィックボードには劣りますがCPUのみでゲームがある程度プレイできるようになるためカジュアルにゲームを楽しみたいという方におすすめです。(表はCore i7-1165G7搭載時のスコア)

ゲームタイトル解像度画質設定フレームレート
VALORANT1920×1080高設定60~68fps
フォートナイト1920×1080中設定46~50fps
Apex Legends1920×1080低設定47~49fps

詳しくはこちらの記事で解説しています↓

ゲームもサクサク!インテルの新型GPU「Iris Xeグラフィックス」とは?インテルの第11世代Coreプロセッサーに搭載される内蔵GPU「Iris Xeグラフィックス」の実力を徹底解説!Iris Xe搭載のおすすめパソコンもピックアップしています。...

ゲーミングパソコンに関するよくある質問

Q. ノートパソコンとデスクトップどっちがおすすめ?

A. どういった用途に使うかによって異なってきます。持ち運びたい、外でも使いたいといった場合はノートパソコン一択ですが、同じ性能ではデスクトップの方が価格が安くなるので自宅での利用がメインでいつも同じ場所で使うという場合はデスクトップPCがおすすめ。

同じノートパソコンでも頻繁に持ち出す場合は軽さを重視した方が良いですし、それほど持ち運ばない場合は多少重くてもその分性能を強化した方が良いということも考えられます。

詳しくは↓の記事でも解説していますのでよかったら参考にしてみてください。

ノートパソコンとデスクトップパソコンどっちがおすすめ?ノートパソコンとデスクトップパソコンどちらを選べば良いのか悩まれている方向けに、それぞれのメリット・デメリットをわかりやすく解説します!...
【初心者向け】ノートパソコンの選び方を徹底解説します!初心者の方向けに最新ノートパソコンの選び方をわかりやすく解説!用途別・価格帯別におすすめの製品をピックアップしています。...

Q. グラフィックボードは載せた方がいい?

A. パソコンでゲームをプレイするなら載せましょう。重めの映像処理には必須になってくるので、動画編集やCGソフトなどを使う予定がある方も付けておくことをおすすめします。逆にそういった用途に使わない方は特に必要ないので、そのお金で別の部分をアップグレードしましょう。

グラフィックボードに関する詳しい解説はこちら↓

グラフィックボードとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのグラフィックボードの役割や選び方をわかりやすく解説!NVIDIAの「GeForce」、AMDの「Radeon」などメーカーごとの違いも比較します。...

Q. CPUとグラフィックボードどっちを優先するべき?

A. ゲームごとに異なりますが、一般的にはグラフィックボードの方がゲームの動作に与える影響が大きいと言われています。ただ、CPUがあまりにスペック不足だとどれだけハイスペックなグラフィックボードを搭載しても本来の性能が発揮できなくなってしまいます。

ゲームタイトルによってはCPUがCore i3でもグラボさえ良ければ快適動作するものなどもありますが、基本的にはどちらかに性能を傾けるのではなく、バランスを取った構成にしておいたほうが無難です。その上で強いてどちらか選ぶのであればグラフィックボードをやや重視するというイメージでOKです。

というわけで、今回は最新のおすすめゲーミングパソコンをご紹介させていただきました。ゲーミングパソコンは各メーカーから様々な製品が出ていてどれを買うか迷うことも多いと思いますので、パソコン購入の際の一つの参考にしていただければ幸いです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

サイト内コンテンツ一覧