パソコン

【2022最新版】おすすめのクリエイター向けノートパソコン5選!

今回はクリエイターにおすすめのノートパソコン5選をご紹介します。持ち運びに便利な軽量PCからグラフィックボード搭載のハイスペックPCまで幅広くピックアップしています。クリエイター向けPC選びで悩まれている方は参考にしていただければ幸いです。

また、パーツごとの選び方についても記事の後半で詳しく解説していますので、「パソコンの選び方がよくわからない」という方はこちらも参考にしていただければと思います。

おすすめのクリエイター向けノートパソコン5選

マウスコンピューター 「DAIV 5N」

マウスコンピューターが展開するクリエイター向けPCブランド「DAIV」のハイスペックノートPCです。15.6型で重量1.73kgと大画面軽量の本体に、解像度はフルHDを上回るWQHD(2,560×1,440)の液晶パネルを搭載し、ワンランク上の作業環境を実現した製品です。

スペックはCPUにCore i7、メモリ16GB、グラフィックボードにGeForce RTX 3060を搭載し、価格は269,800円となっています。薄型・軽量・ハイスペックで解像度の高いクリエイターPCをお探しの方におすすめの一台。

画面サイズ15.6型WQHD(2560×1440)
CPUCore i7-11800H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 3060
価格269,800円(税込)

製品ページはこちら

 

ドスパラ「raytrek R5-TA5」

コストパフォーマンスの高いクリエイター向けノートパソコンを購入したいという方にはこちらの製品がおすすめ。15.6型フルHD液晶搭載、ドスパラのクリエイター向けPCブランド「raytrek」で人気のミドルクラスモデルです。

スペックはCPUにCore i7、メモリ16GB、グラフィックボードにGeForce RTX 3050を搭載し、価格は157,980円。同スペックの中では非常にリーズナブルな価格設定で性能も高く、自信を持って幅広いユーザーにおすすめできる製品です。

画面サイズ15.6型フルHD(1920×1080)
CPUCore i7-11800H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 3050
価格157,980円(税込)

製品ページはこちら

 

パソコン工房「SENSE-15FR170-i7-TASX」

iconicon

パソコン工房が展開するクリエイター向けPCブランド「SENSE」のハイスペックノートPCです。シンプルで高級感のあるブラックの本体に上位グレードのグラフィックボードを搭載し、プロフェッショナル向け用途も十分こなせる製品となっています。

スペックはCPUにCore i7、メモリ16GB、グラフィックボードにRTX 3070を搭載し、価格は237,980円。カスタマイズでメモリやストレージのアップグレードにも対応しているため、さらに性能を高めたいというニーズにも対応しています。

画面サイズ15.6型フルHD(1920×1080)
CPUCore i7-11800H
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 3070
価格237,980円(税込)

製品ページはこちらicon

 

マウスコンピューター 「DAIV 4P」

薄型・軽量・コンパクトで持ち運びに便利なクリエイター向けノートPCがほしいという方はこちらの製品がおすすめ。グラフィック機能にCPU内蔵のIris Xeグラフィックスを採用し、1kg未満の重量を実現したマウスコンピューターの14.0型ノートパソコンです。

CPUにCore i7、メモリ16GBを装備し、本体重量0.99kg、バッテリー動作10時間と機能性も抜群。価格は199,800円と幅広いユーザーに自信を持っておすすめできる製品です。解像度がフルHDを超えるWUXGA(1920×1200)となっている点も嬉しいポイント。

画面サイズ14.0型WUXGA(1920×1200)
CPUCore i7-1260P
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB(NVMe)
グラフィックIris Xe グラフィックス
価格199,800円(税込)

製品ページはこちら

 

ドスパラ「raytrek R7-TA」

ノートパソコンでもできるだけ高画質の大きな画面で作業したいという方にはこちらの製品がおすすめ。ドスパラのクリエイター向けPCブランド「raytrek」の17.3インチWQHD(2560×1440)液晶搭載モデルです。

スペックはCPUに Core i7、メモリ32GB、グラフィックボードにGeForce RTX 3060を搭載し、価格は199,980円。20万円以内のクリエイター向けPCの中ではスペック面もかなり充実しており、画面の大きさに加え実用性の高さも光る一台となっています。

画面サイズ17.3型WQHD(2560×1440)
CPUCore i7-11800H
メモリ32GB
ストレージSSD 500GB(NVMe)
グラフィックGeForce RTX 3060
価格199,980円(税込)

製品ページはこちら

 

 

パーツの選び方

CPU

パソコンの基本的な性能を決める重要パーツです。現在は大きく分けてインテル社のCoreシリーズとAMD社のRyzenシリーズが販売されていて、型番ごとに性能が異なります。

クリエイター向けPC価格重視バランス重視性能重視
CPUCore i5・Ryzen 5 以上Core i7・Ryzen 7 以上Core i9・Ryzen 9 以上

細かく調べるのが面倒という方はざっくりと上記のようなイメージで大丈夫です。

クリエイター向けPCの場合は最低でもCore i5・Ryzen 5以上を選択することをおすすめします。それより下のグレードになってしまうと高負荷をかけた動画編集やイラスト、3DCGソフトなどの動作が難しくなってしまいます。

また、CPUがある程度の性能を持っていないとグラフィックボードの性能を引き出すこともできないため、クリエイティブ用途であればそれなりのCPUを積んでおきましょう。

CPUに関する詳しい解説はこちら↓

パソコンのCPUとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのCPUの役割や選び方をわかりやすく解説!インテルの「Core iシリーズ」、AMDの「Ryzen」などメーカーごとの違いも徹底比較します。...

メモリ

メモリは、パソコンの中で一時的にデータを記憶する領域として用いられ、メモリ容量が大きいと複数のアプリケーションを同時に開いた場合でも快適な動作を行うことができるようになります。

クリエイター向けPC価格重視バランス重視性能重視
メモリ8GB 以上16GB 以上32GB 以上

クリエイティブ仕様のPCであれば基本的にどの製品もメモリ8GB以上は搭載されていると思いますので、ここが最低ラインとなります。編集作業+動画や配信など他のアプリケーションも同時に起動したいという場合は16GBを推奨します。高度な動画編集をされる方は32GB以上だとさらに余裕を持たせることができます。

ストレージ

HDDやSSDと呼ばれるパーツで、アプリケーションのデータファイルや写真、動画、音楽などのメディアファイルを保存しておく場所のことです。容量は当然大きいほうがより多くのデータを保存することができます。

また、Windowsなどのオペレーティングシステムもこちらのストレージにインストールされるため、ストレージの種類によってパソコンやアプリケーションの起動速度が変わります。

クリエイター向けPC価格重視バランス重視性能重視
ストレージHDDSSDSSD(NVMe)

従来の規格であるHDDと新型ストレージのSSDでは体感でも動作速度にかなりの違いが出るため、基本的にはSSDを推奨します。クリエイティブソフトの場合ストレージの速度は起動や読み込みのスピードに直結するので、最大限高速化をしたいという方はNVMe接続のSSDを選択するとさらなるスピードアップが見込めます(NVMe接続の場合はメーカーのスペック表等に明記されています。特に表記がない場合は通常のSSDとなります)。

容量に関してはクリエイター向けPCの場合500GB以上を推奨します。SSDは容量が増えるにつれて高額になってくるので、価格を抑えたい場合はSSD250GB+HDD1TBのデュアルストレージなどを選択するのもあり。

グラフィックボード

ゲームや3DCG、動画編集など画像・映像関係の処理を行う場合に必要となるパーツです。基本的には高額になるほど性能も上がります。現在はNVIDIA社とAMD社がそれぞれグラフィックボードの生産を行っています。

必要なパーツのグレードは用途によって異なりますが、動画編集を行いたい場合は編集ソフトの動作環境、PCゲームをプレイしたい場合はそのゲームの推奨環境などを確認した上で条件を満たすグラフィックボードを選択するようにしましょう。

下記に現行グラボの早見表を用意したので、必要に応じて参考にしてください。基本的には価格が上がるほど性能が高くなります。

NVIDIAAMD単体の価格
RTX 3090RX 6900 XT200,000円~
RTX 3080RX 6800 XT100,000円~
RTX 3070RX 680070,000円~
RTX 306060,000円~
RTX 2080RX 6700XT85,000円~
RTX 2070RX 5700XT45,000円~
RTX 2060RX 570035,000円~
GTX 1660RX 5600 XT20,000円~
GTX 1650RX 5500 XT15,000円~

また、具体的にどの程度性能が変わるのか気になる方も多いと思いますので、いくつかのグラフィックボードでどれくらいのゲームが動くのかベンチマーク結果を記載します(Core i7使用時)。

GeForce RTX 3090(ハイエンド)

ゲームタイトル解像度画質設定フレームレート
ファイナルファンタジー153840×2160高品質81~84fps
フォートナイト3840×2160最高設定180~187fps
Apex Legends3840×2160高設定164~172fps

GeForce RTX 3070(ミドルクラス)

ゲームタイトル解像度画質設定フレームレート
ファイナルファンタジー153840×2160高品質54~58fps
フォートナイト3840×2160最高設定117~123fps
Apex Legends3840×2160高設定122~132fps

GeForce GTX 1650(エントリークラス)

ゲームタイトル解像度画質設定フレームレート
ファイナルファンタジー151920×1080高品質35~40fps
フォートナイト1920×1080最高設定58~62fps
Apex Legends1920×1080高設定51~59fps

フレームレートとは?
1秒間に何枚の画像を表示できるかを示す値です。fps(frames per second)という単位が用いられます。この値が大きいほど映像がなめらかになり、低いほどカクカクになります。ゲームでは一般的に30fpsがプレイできる最低ライン、60fpsが快適にプレイできるラインとされます。

Iris Xeグラフィックス(CPU内蔵)

インテルの第11世代Coreプロセッサ「Core i7-1165G7(1185G7)」や「Core i5-1135G7」などに搭載されているCPU内蔵型のグラフィックスエンジンです。これらのCPUはグラフィック機能が強化されており、従来のグラフィックボードには劣りますがCPUのみでゲームがある程度プレイできるようになるためカジュアルにゲームを楽しみたいという方におすすめです。(表はCore i7-1165G7搭載時のスコア)

ゲームタイトル解像度画質設定フレームレート
VALORANT1920×1080高設定60~68fps
フォートナイト1920×1080中設定46~50fps
Apex Legends1920×1080低設定47~49fps

詳しくはこちらの記事で解説しています↓

ゲームもサクサク!インテルの新型GPU「Iris Xeグラフィックス」とは?インテルの第11世代Coreプロセッサーに搭載される内蔵GPU「Iris Xeグラフィックス」の実力を徹底解説!Iris Xe搭載のおすすめパソコンもピックアップしています。...

パソコンに関するよくある質問

Q. スペックの決め方を手っ取り早く教えて!

A. 最低限抑えておくべきなのは、CPUとメモリ、ストレージの3つです。

細かい知識を覚えるのが面倒な方向けにクリエイター向けPCのパーツ選びに関する簡単な基準を表にしましたので、とりあえずサクッと決めたいという場合は参考にしていただければと思います。

価格重視性能重視
CPUCore i5・Ryzen 5 以上Core i7・Ryzen 7 以上
メモリ8~16GB32GB
ストレージSSD 240~500GBSSD 500GB以上

Q. グラフィックボードは載せた方がいい?

A. 重めの映像処理には必須になってくるので、動画編集やCGソフトなどをしっかり使う予定がある方は付けておくことをおすすめします。逆にそういった用途に使わない方や簡単な画像・動画編集しかしないという場合は特に必要ないので、そのお金で別の部分をアップグレードしましょう。

グラフィックボードに関する詳しい解説はこちら↓

グラフィックボードとは?価格別や性能別に選び方を紹介します!初心者の方向けにパソコンのグラフィックボードの役割や選び方をわかりやすく解説!NVIDIAの「GeForce」、AMDの「Radeon」などメーカーごとの違いも比較します。...

というわけで、今回はクリエイターにおすすめのノートパソコン5選をご紹介させていただきました。クリエイター向けノートPCは各メーカーから様々な製品が出ていてどれを買うか迷うことも多いと思いますので、パソコン購入の際の一つの参考にしていただければ幸いです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

サイト内コンテンツ一覧